九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > まぜそば

タグ:まぜそば の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

つけめん舎一輝@岡崎市 2009.03.31

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [三河地区] [まぜそば]
前回食べた限定の和えそばが予想以上の出来だったので、29日の昼に再びこの店を訪れてみることに。
覚悟の上で臨んだ行列は相変わらずで、席に着くまでにやはり45分程度を要した。

限定の提供期限が近づいていることだし、もう一度和えそばを注文しても良かったのだが、小生が食券を買う時分には残念ながらすでに売り切れだった。
迷った挙句、今回は二郎系の「まぜイチロー野菜まし」900円を頼むことにした。
われながら最近二郎系食べすぎだと思う。
一輝まぜ一郎

コメント(0) | トラックバック(0) | 三河地区 | 編集

男は黙って前を行け!@岐阜県岐阜市 2009.03.16

Tag [ラーメン] [岐阜県] [まぜそば] [豚骨] [醤油]
今日は買い物をするつもりで名古屋まで出てきたはずなのに、気がつくとこのお店の男臭ぁい看板を見上げていた。
…おかしい。
なぜ自分は岐阜にいるのか。
男は黙って前を行け!外観

そう、夕方に無性に二郎系のまぜそばが食べたくなり、まだ来たことのない、このお店のことを頭の片隅から引っ張り出してきたのだった。
で気になり始めたら最後、どうにも確かめずにはいられなくなり、予定になかった岐阜にまで足を伸ばすことになった次第。
美味千里を走らす。
本家で食べたことが無いにもかかわらず、おそるべし二郎系の魔力。

店の前では5、6人がすでに待ち状態で、列に並ぶとすぐに店員さんが注文を取りに来てくれた。
自家製の極太麺が売り物のこの店では、麺の茹で時間がかかるためにこういうシステムになっているのだろう。
この点は千種の大勝軒と同じだ。
頼んだのは、汁なし豚ハーフ300。
男は黙って前を行け!汁なし豚ハーフ300



コメント(2) | トラックバック(0) | 岐阜県 | 編集

つけめん舎一輝@岡崎市 2009.03.05

Tag [ラーメン] [三河地区] [岡崎市] [まぜそば]
4日の昼食はつけめん舎一輝でとることにした。
昨年のオープン以来何度も足を運んでいる地元のお店だが、徐々に人気が出てきて、いまや行列の絶えることの無い有名店になってしまった。
普段だったら行列に並んでまでラーメンを食べることのない小生であるが、前日から昼食はここと決めていたので覚悟を決めて並ぶことに。
開店前の11時15分ごろから並び始めて、その段階ですでに待ちは20人弱。
席に着くまでに45分程度かかった。

頼んだのは限定の「PS一輝和えそば どみそ味」。
まぜそばというよりもパスタのような見目華やかな一皿だが、一口すすってみれば確かにこれはラーメンの一種だとわかる。
一輝PS一輝和えそばどみそ味
一輝PS一輝和えそばどみそ味2

麺は特注のものだろうか、この店の標準のつけ麺の麺よりも若干細めながら、もちもちした食感を楽しむことができる。
和えだれも、味噌とひき肉、にんにくの旨味と適度な辛味が絶妙のバランスで麺と絡み合い、いったん食べ始めたら箸が止まらなかった。
またある程度食べ進めたところで、のせ物の野菜とマヨネーズを混ぜれば適度な酸味が加わり、味の変化も楽しむことができる。

TV企画とタイアップした限定モノというと、一発ネタや奇を衒っただけの丼が多いという印象があったものの、この和えそばはそんな偏見を覆してくれた。
恐ろしくハイレベルな一杯で、並んだ甲斐があったというものだ。
行列のせいでしばらく足が遠のいていたが、こんな丼を出されては再訪しないわけにはいくまい。
また近いうちに顔を出そう。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★★

つけめん舎一輝(お店の場所はこちら)
11:30-14:00 18:30-22:30(スープ切れ終了)
月曜定休
コメント(0) | トラックバック(0) | 三河地区 | 編集
« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。