九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > ラーメン

タグ:ラーメン の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

北海道行ってきた 1日目 9月17日 2010.09.26

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行 Tag [] [北海道] [福井県] [ラーメン]
走行距離207km
本日の行程はこちら(守山SAから敦賀港まで)

0530起床。
晴れ。

今日は、ずっと楽しみにしていた北海道行きへ、いよいよ出発。
とは言っても、日中は仕事があるので、夕方までは普段どおり仕事に従事していた。
ちょっと人目が気になるけれど、職場へは荷物満載状態のビートで出勤しているので、仕事が終ったらそのまま一路福井方面を目指す。
ついさっきまでデスクで仕事をしていたのに、十数分後には旅仕様のビートをオープンにして高速をすっ飛ばしていた。
DSCN0002.jpg

ステアリングを握っていると、思考もほとんど一年ぶりの旅モードに切り替わっていく。
この日常から非日常へのダイナミックな転換は、ほかではなかなか味わえない感覚だろう。



コメント(2) | トラックバック(0) | その他お出かけ | 編集

旅の支度 10 撮影機材編 Cyber-shot DSC-T10 2009.11.06

テーマ:日本一周 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記] [模型] [ラーメン]
今回はコンパクトデジカメを二台紹介して、カメラの話はこれでおしまいにするつもりだったのだが、長くなりそうなので、結局一台ずつに分けることにした。
カメラに興味の無い方には退屈な話になってしまうが、もうしばらく我慢してお付き合いいただきたい。
(とはいっても、カメラ以外にもこの先、デジタルガジェットの話が延々続きそうなのだが)

今回紹介するのは、携行用カメラとして旅の間いつも持ち歩いていたソニーのCyber-shot DSC-T10。
光学3倍ズームのレンズを搭載し、ほぼクレジットカードと同じサイズという、よくある売れ筋モデルのデジカメだ(最近ではズーム倍率はもっと高めかな)。
このカメラの基本スペックは次のとおり。

有効画素数:720万画素
撮像素子:1/2.5型CCD
液晶:2.5インチ 23万ドット
記録メディア:メモリースティックProDuo
重量:140g

レンズ:38mm-114mm F3.5-4.3(35mm判換算、光学3倍、デジタルズーム併用で4.5倍(171mm)まで)
手ぶれ補正機構内臓

camera2.jpg
左からニコンCOOLPIX S500、ソニーCyber-shot T10と比較用のiPodnano。
カメラ二台はクレジットカードとほぼ同じサイズ。


コメント(4) | トラックバック(0) | 旅日記前記 旅の支度 | 編集

タンタンヌードゥルショップ担担@京都府京都市中京区 2009.06.08

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [担々麺]
5日の昼食。
京都のラーメン屋については、かなりの数を事前に調べていて、ここもそのうちの一軒。
信頼できるラーメンブログとグルメ系投稿サイト、双方での評価が高かったので足を運んでみることに。
かなりの人気店のはずなのだが、店構えは割りとどこにでもありそうな、個人経営のこじんまりとしたラーメン屋。
店内はカウンター席のみで、だいたい半分くらいの席が埋まっていただろうか。
担々麺の専門店なので、担々麺並を頼むことに。
650円。
DSC04995.jpg

スープは担々麺専門店にしては、意外にあっさりした感じ。
ゴマがものすごく濃厚とか、黒酢の酸味や山椒の香味が前面に出ているということはなく、すべてがバランスよく調和しているといった印象。
かといって薄っぺらいスープというわけではなく、適度なコクがある。
麺は細麺でやや柔らかめなものの、このスープにはよくあっていると思う。
オプションで太麺にも替えられるらしい。
載せもののひき肉の味付けも控えめだが、その分肉本来の旨味を味わうことができた。

辛さもそれほどでもなく、マイルドな味のバランスの取れた一杯。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★
コメント(0) | トラックバック(1) | 京都府 | 編集

麺屋ひばり@島根県松江市 2009.06.03

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン]
31日の夕食。
実はこのお店、2年前に島根に来たときに訪れているのだが、その時は臨時休業で食べられず非常に口惜しい思いをした。
今回はそのリベンジ。
頼んだのはメニューの一番上にあった白湯ラーメンに煮玉子をトッピングで800円。
DSC04972.jpg

スープは動物系とアゴを使ったダブルスープのようで、口にしてみるとまずは白湯のまろやかさが広がり、やや遅れて魚介の香りがやってくる感じ。
焦がしネギの香味がアクセントになっている。
またある程度食べ進めたところで、載せられた肉味噌を溶かしていけば、さらに味噌の風味が加わりさらに奥深い味わいに。
麺は細目でおおむねストレート。
このスープにしてこの麺は正直意外だった。
もう少し太めの麺かと想像していたのだが。

複雑なスープ構成ながら、雑多な印象にならないよう上手にまとめられた一杯だと思う。
何より二年越しでやっと食べることができて感無量。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★
コメント(0) | トラックバック(0) | 島根県 | 編集

王龍@鹿児島県熊毛郡屋久島町 2009.05.21

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [醤油]
18日の昼食。
宮之浦川の河口近く、県道77号沿いにあるラーメン屋。
事前情報はないものの、ここから先安房まで食事ができる場所があるかわからないので、とりあえず入ってみた。

頼んだのは黒らーめん700円。
DSC04920.jpg
麺に竹炭が練りこまれていて、その名のとおり黒い。
ただそれで味が変わるかというとそんなことはなく、目をつぶって食べたら普通の麺と区別は付かないだろうと思う。
きっと体にはよいのだろうけど。
スープはあっさりとした醤油味だが、とりわけ出汁が香るわけでもなく、ごく普通のあっさりスープ。
野菜がたくさん入っているせいか、ほのかな甘味はある。
変わっているのは載せものの揚げ玉子で、さぬきうどん以外でこれを載せる麺類は初めて見た。
ただ味自体は特につけられていないので、食感以外は普通のゆで卵と同じ。
黒い麺という見た目のインパクトとは異なり、全体の印象としてはごく普通のあっさりした醤油ラーメンだった。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★
コメント(0) | トラックバック(0) | 鹿児島県 | 編集
« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。