九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > 三河地区

タグ:三河地区 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

ひな祭りのお菓子 いがまんじゅう 2010.02.26

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ Tag [三河地区] [スイーツ] [いがまんじゅう]
ひな祭りといえば、いがまんじゅう。
やはりなんといっても春の風物詩だし、毎年春の足音が近づくにつれて、いがまんじゅうを楽しみにしている人も多いのではないだろうか。

え?
知らない?
嘘っ!?

というわけで、今回は地元のお菓子、いがまんじゅうについてご紹介。

いがまんじゅうとは、餡をくるんだ餅の上に着色した米をのせた、三河地方に伝わる銘菓。
IMG_2088.jpg
米の色は、赤、黄、緑、が一般的で、ほかに草餅の上に白米をのせたバージョンも存在する。

IMG_2091.jpg
中身の餡は、こし餡とつぶ餡がある。
写真はこし餡タイプ。

いがまんじゅうは、古くからひな祭りのお菓子として知られ、この時期になると小生の地元では、和菓子屋さんに限らずスーパーやコンビニなど、どこでも普通に売っている。
(しかし、手に入る期間はひな祭りの前の数週間しかないので、結構レアかも)
いがまんじゅうを食べないと春を迎えた気がしないという三河人は、きっと小生だけではないはず。

面白いのは冒頭で触れたように、このいがまんじゅうが、ちょうど端午の節句の柏餅と同様、ひな祭りの季節には全国どこでも作られていると錯覚している人が三河には多い、という点だろう。
ほかの土地に引っ越したら、周囲の人が誰もいがまんじゅうを知らなくて愕然とした、なんていう話をよく耳にする。
何を隠そう、小生自身もつい最近まで、全国区のお菓子だと思い込んでいたくらいだ。
実際には全国区どころか、同じ愛知県内でも名古屋や豊橋あたりまで離れると、もう誰も知らないような、超ローカルかつマイナーなお菓子なのだけど…。

しかしそれだけ知名度が低いにもかかわらず、「いが餅」という名前で同じようなお菓子が山口県岩国市広島県呉市山形県蔵王などにも存在しているらしく、その起源には謎が多い(しかも土地によって提供される季節が違う)。
「いが」という名前の由来や、ごく一部の地域にだけ伝承されている理由もよく分かっていないし、そのあたりの事情を調べてみると面白いかもしれない。
いが=伊賀とすると、やはり伊勢参り絡みなのかなぁ、という気もするけれど…。

コメント(4) | トラックバック(0) | 日ごろ見かけたもの | 編集

地元の銭湯 龍城温泉 2009.12.26

テーマ:銭湯・温泉・健康ランド - ジャンル:地域情報 Tag [三河地区] [岡崎市] [銭湯]
古くて味のある銭湯というのは、探してみると案外近所にあったりするものだ。
今回紹介する龍城温泉も、小生の普段の生活圏内にあり、足を運ぶこと今までに数回。
場所は岡崎市の新しい図書館りぶらから徒歩数分の距離に位置し、国道1号線北側の住宅街にひっそりと佇んでいる。
小生はりぶらに行く時には、いっしょに龍城温泉にも立ち寄る、という組み合わせで利用している。

これが龍城温泉の外観。
IMG_9988.jpg
破風の乗っかった、いわゆる銭湯らしい銭湯の建物ではないけれど、じつに古色蒼然とした趣がある。
入り口に置かれた現代の自販機が場違いに感じられるほど、色濃く残っている大正・昭和の匂い。
モノクロ写真のほうが、しっくりくるかもしれない。

コメント(6) | トラックバック(0) | 日ごろ見かけたもの | 編集

玉響高浜店@高浜市 2009.04.03

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [三河地区] []
29日の昼はこってりした二郎系だったので、夕食は趣向を変えてあっさり系で知られる玉響(たまゆら)でとることにした。
というかこの日一日でラーメン2杯、数えてみたら3月は9杯食べていた。
少々食べすぎだと思う。
これではまるでラーメンマニアではないか。
少しは自粛しなければ。

玉響は、刈谷の1号店オープン直後から何度も足を運んでいる、小生お気に入りの店のひとつで、竹燻製麺という竹で燻製したチャーシューが載った、香り豊かなラーメンが看板メニュー。
前回の訪店から結構間が空いているので、今回は基本に立ち返って、その竹燻製麺650円を注文してみた。

玉響竹燻製麺7

コメント(2) | トラックバック(0) | 三河地区 | 編集

つけめん舎一輝@岡崎市 2009.03.31

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [三河地区] [まぜそば]
前回食べた限定の和えそばが予想以上の出来だったので、29日の昼に再びこの店を訪れてみることに。
覚悟の上で臨んだ行列は相変わらずで、席に着くまでにやはり45分程度を要した。

限定の提供期限が近づいていることだし、もう一度和えそばを注文しても良かったのだが、小生が食券を買う時分には残念ながらすでに売り切れだった。
迷った挙句、今回は二郎系の「まぜイチロー野菜まし」900円を頼むことにした。
われながら最近二郎系食べすぎだと思う。
一輝まぜ一郎

コメント(0) | トラックバック(0) | 三河地区 | 編集

つけめん舎一輝@岡崎市 2009.03.05

Tag [ラーメン] [三河地区] [岡崎市] [まぜそば]
4日の昼食はつけめん舎一輝でとることにした。
昨年のオープン以来何度も足を運んでいる地元のお店だが、徐々に人気が出てきて、いまや行列の絶えることの無い有名店になってしまった。
普段だったら行列に並んでまでラーメンを食べることのない小生であるが、前日から昼食はここと決めていたので覚悟を決めて並ぶことに。
開店前の11時15分ごろから並び始めて、その段階ですでに待ちは20人弱。
席に着くまでに45分程度かかった。

頼んだのは限定の「PS一輝和えそば どみそ味」。
まぜそばというよりもパスタのような見目華やかな一皿だが、一口すすってみれば確かにこれはラーメンの一種だとわかる。
一輝PS一輝和えそばどみそ味
一輝PS一輝和えそばどみそ味2

麺は特注のものだろうか、この店の標準のつけ麺の麺よりも若干細めながら、もちもちした食感を楽しむことができる。
和えだれも、味噌とひき肉、にんにくの旨味と適度な辛味が絶妙のバランスで麺と絡み合い、いったん食べ始めたら箸が止まらなかった。
またある程度食べ進めたところで、のせ物の野菜とマヨネーズを混ぜれば適度な酸味が加わり、味の変化も楽しむことができる。

TV企画とタイアップした限定モノというと、一発ネタや奇を衒っただけの丼が多いという印象があったものの、この和えそばはそんな偏見を覆してくれた。
恐ろしくハイレベルな一杯で、並んだ甲斐があったというものだ。
行列のせいでしばらく足が遠のいていたが、こんな丼を出されては再訪しないわけにはいくまい。
また近いうちに顔を出そう。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★★

つけめん舎一輝(お店の場所はこちら)
11:30-14:00 18:30-22:30(スープ切れ終了)
月曜定休
コメント(0) | トラックバック(0) | 三河地区 | 編集
« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。