九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > 塩

タグ:塩 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

まるきゅうらあめん@福岡県福岡市博多区 2009.05.08

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] []
5日の昼食。
先日から豚骨ラーメンが続いているので、あっさりした系が食べたくなり、やはりホテルのロビーにあった雑誌に載っていたこのお店へ。
後から知ったのだがどうやら本店は東京で、ここは福岡の支店のようだ。
歓楽街の路地裏にあるお店で、昼間だったからよかったようなものの、夜この界隈に一人で訪れるのは勇気がいると思う。

看板メニューの塩ラーメンに味付玉子をトッピング。
これで800円。
DSC04828.jpg

スープはごく薄い色で丼の底まで見通せるくらいに透き通っている。
鶏がらから取るというこのスープは、上品な味わいながらも、決して薄すぎるということはなく、最後まで飲ませるだけの力を持っていると思う。
浅草開化楼製という麺は細ストレート。
いわゆる博多麺とは微妙に異なるが、ぷつんぷつんと噛み切れる歯ごたえが面白い。
煮玉子も味がしっかり染みているし、炙りチャーシューも肉の旨味と香ばしさが程よい加減。
久しぶりに自分好みのラーメンを食べることが出来た。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★★
コメント(0) | トラックバック(0) | 福岡県 | 編集

麺の坊ひかり@岐阜県岐阜市 2009.04.14

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [] [岐阜県]
11日の昼は柳津のひかりへ。
相変わらずの行列店。
この前食べた中村屋キャラバンとの比較の意味も込めて、ゆずそば塩800円に煮玉子トッピングで注文してみた。
ひかりゆずそば塩煮玉子
中村屋よりはゆずの香りが強め。
麺のコシはひかりのほうがしっかりしていると思う。

ひかりゆずそば塩煮玉子2
両方ともおいしいお店だけど、ゆずそばでどちらか一方を選べといわれたら、個人的には僅差でひかりだろうか。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★★
コメント(0) | トラックバック(0) | 岐阜県 | 編集

中村屋キャラバン@長野県下伊那郡阿智村 2009.04.07

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [] [長野県]
5日の夕食は、飯田の帰りに立ち寄った、昼神温泉の中村屋キャラバンで取ることになった。
他のメンバーと一緒だったので一応ラーメン部ということになるのだろうけど、その場の思い付きで訪れたので番外編くらいの位置づけかな。
みんなで温泉にゆっくりつかって温まったあとに、今日日めずらしい屋台のお店に足を運んだ。

中村屋といえば神奈川淡麗系といわれる塩ラーメンで全国的に名の知れた名店中の名店だが、実は昼神温泉のこのお店が初の直系支店にして、現在中村屋の屋号を掲げる唯一の支店だ(休業中のessenceを除けば)。
そんな名店がなぜ大都市ではなく山間の温泉街に支店、しかも屋台のお店をやっているのかというと、そこには深い事情があって感動のエピソードなんかも絡んでいたりするのだけれども、ここでは委細は語らずにおく。
小生も初めてこの店を訪れた時はなんの事前情報もなく、あの中村屋が真逆、とにわかには信じられなかったくらいだ。

さて小生3回目の訪店となる今回は、ゆずラーメンの塩を注文してみた。
確か850円だったと思う。
前回の1月に来たときにはなかったメニューだ。
屋台とはいっても、夜間は朝市の建物が利用できるので、そちらへ移動してテーブルにつく。
ラーメンができて呼ばれたら、受け取りに行くという、つまりはスガキヤみたいなセルフ方式。

できあがったラーメンは黄金色のスープに、炙られたチャーシュー、半分にスライスされたとろとろの煮玉子、アクセントの三つ葉、と非常に見目麗しい一杯。
それに加えて出汁とゆずの馥郁たる香りが鼻腔をくすぐり、さらに食欲をそそる。
小生の経験から言って、見た目と香りのいいラーメンは味もいい。
期待にはやる気持ちを抑えつつ、受け取ったトレイを抱えてテーブルへもどる。

中村屋キャラバンゆず塩ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0) | 長野県 | 編集

玉響高浜店@高浜市 2009.04.03

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [三河地区] []
29日の昼はこってりした二郎系だったので、夕食は趣向を変えてあっさり系で知られる玉響(たまゆら)でとることにした。
というかこの日一日でラーメン2杯、数えてみたら3月は9杯食べていた。
少々食べすぎだと思う。
これではまるでラーメンマニアではないか。
少しは自粛しなければ。

玉響は、刈谷の1号店オープン直後から何度も足を運んでいる、小生お気に入りの店のひとつで、竹燻製麺という竹で燻製したチャーシューが載った、香り豊かなラーメンが看板メニュー。
前回の訪店から結構間が空いているので、今回は基本に立ち返って、その竹燻製麺650円を注文してみた。

玉響竹燻製麺7

コメント(2) | トラックバック(0) | 三河地区 | 編集

中華そば呵呵@津島市 2009.03.10

Tag [ラーメン] [尾張地区] [津島市] [塩 ラーメン部]
8日の昼食はかねてからの予定通り、津島の呵呵まで足を伸ばすことになった。
実は定期的に行っているラーメン部の第16回会合で、他のメンバーと連れ立っての訪店。
遠い遠いと思っていたこの店だが、名駅からだと意外に近くて、車で30分程度で到着。

今回は中華そば塩の一押しセットを頼んでみた。
この店に来るのは昨年の7月以来で、その時に頼んだのはたしか醤油だったと思う。
数えてみたら塩を頼むのは、実に二年ぶりのことだった。
DSC04166.jpg

コメント(0) | トラックバック(0) | 尾張地区 | 編集
« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。