九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > その他

カテゴリ:その他 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

お知らせ 2009.06.18

2ヶ月ぶりに起動する自宅のPCからこれを書いています。
6月5日20時、とりあえず無事に帰ってくることができましたのでご報告を。

なぜかコメントへのレスとアップロードしたはずの記事が反映されていないようなので、明日再掲したいと思います。
今しばらくお待ちください。

※6月6日、上記の件、修正しました。
また、しばらくの間この記事が一番上に来るようにしました。

※6月8日、カテゴリを編集しました。
旅日記を地域別、日付別で見ることができるようにしました。
地域については、その日の出発点に基づいて区分けしてあります。
またカテゴリからたどると、古い記事から順に表示されるようにしました。

※6月12日、6月1日の旅日記に動画を追加しました。
境水道大橋を通ったときの映像です。
こちらからどうぞ。

※6月14日、4月30日の旅日記に動画を追加しました。
しまなみ海道、多々羅大橋を通ったときの映像です。
こちらからどうぞ。

※6月15日、5月1日の旅日記に動画を追加しました。
山口県道32号、秋吉台カルストロードを走ったときの映像です。
こちらからどうぞ。

※6月16日、5月30日の旅日記に動画を追加しました。
角島大橋を通ったときの映像です。
こちらからどうぞ。


スポンサーサイト
コメント(10) | トラックバック(0) | その他 | 編集

新型のカメラを触ってきた EOS kiss X4 2010.02.18

テーマ:キスデジX - ジャンル:写真 Tag [カメラ]
小生が現在使っているカメラ、EOS kiss Digital X(KDX)の新型がもうじき出るらしい。
今度の新型はEOS kiss X4、つまりXシリーズの4代目ということだから、小生の初代KDXから見れば実に3世代分も新しい機種ということになる。
デジタル機器の進歩は早いというけれど、小生がKDXを入手してからのたった2年間で3世代、まさに隔世の感といったところ。
ちょっと気になる機種だったので、名古屋へ出かけたついでにキヤノンのサービスセンターに立ち寄り、先行展示機を触ってくることにした。

公開されているEOS kiss X4(以下X4)のスペックは、KDXと比較すると以下のとおり(左側の値がKDX)

有効画素数 : 1010万 → 1800万画素
撮像素子 : ともにAPS-CサイズのCMOS
動画撮影 : なし → 1920x1080フルHD30p
ライブビュー撮影 : なし → 可
液晶 : 2.5インチ23万画素 → 3インチ104万画素
記録メディア : CF → SD系(SD/SDHC/SDXC)
本体重量 : 510g → 475g

DSC05749.jpg

X4の外見は、「なで肩」というか、全体的に緩やかな丸みを帯びた形をしている。
デザインの方向性としては、KDXや50Dよりも、7Dや5Dmk2に近いかもしれない。
サイズはずっと小さいけれど。

コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 編集

映画見てきた 涼宮ハルヒの消失劇場版 2010.02.22

テーマ:涼宮ハルヒの消失 - ジャンル:映画 Tag [映画]
べつに妹が死んだわけではないけれど、久しぶりに映画を見てきた。
わざわざ映画館まで足を運んで見るのは、昨年6月のヱヴァンゲリヲン破以来だろうか。
タイトルは、そちらの界隈で結構話題になっている涼宮ハルヒの消失。

以前fate/stay nightを見に名古屋まで足を運んだときには、すでに最終上映分まで全て満席で断念した、という苦い経験があったので、今回は午前中にあらかじめ席の予約を入れておくことにした。
しかし、混み具合は思っていたほどではなく、平日夜の上映回で、8割くらいの席が埋まっていただけ。
ちょっと肩透かしを食らったかたちだ。

IMG_1829.jpg

コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 編集

ビート補修 1 2010.05.06

テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク Tag [ホンダ] [ビート] [DIY]
このところしばらく更新が滞ってしまっていた。
4月はほとんど記事を書いていないのに、毎日見に来てくれている方がいるのは、申し訳ないと思う。
公開したいネタや写真は山のようにストックされているのだけど…

とりあえずは、この4月に何をしていたか報告を。
ブログの記事作成を圧迫していた要因としてまっさきに考えられるのは、間違いなくビートの補修だろう。

コトの発端は、日本一周の旅から帰還して、しばらくたったある雨の日のこと。
小生は、雨の日の夜にはヘッドランプの光量不足を補うために、フォグランプを使うことがたまにあるのだけど、このとき片方のフォグつかなくなっていることに気づいた。
じつは以前にもフォグがつかなくなるトラブルがあり、そのときは外れかけていたカプラーを挿しなおしただけで解決したので、今回もカプラーがゆるんだか、せいぜいバルブが玉切れしたかのどちらかだろうと、軽い気持ちで修理を始めたのだが…。
これが泥沼へと嵌まり込む第一歩だった。


コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 編集

ビート補修 2 2010.05.10

テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク Tag [ホンダ] [ビート] [DIY]
車体の錆対策

フォグ修理のためにフロントバンパーを外してみると、普段は隠されている場所だけに、いろいろなものが見えてくる。
とくに、見てしまったことを後悔するようなものが。

そう、
錆とか。
錆とか。
錆とか。






コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 編集
« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。