九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > 旅日記4 山陽 21-22日目

カテゴリ:旅日記4 山陽 21-22日目 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

21日目 5月1日(金)の旅日記 2009.05.04

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離270km
本日の行程

05時起床。
晴れ。

今回宿泊したキャンプ場でも、一人でツーリング中のライダーの方と一緒だった。
今度はまだ若い方で、ビリー・ヘリントンみたいな大型バイクに乗っておられた。
お勧めのキャンプ場について情報を交換。
今日は広島から一息に山口県まで行程を進める予定なので、早々に話を切り上げて、暇を告げる。

国道486号、432号、県道348号、33号経由で広島を目指す。
もちろん単に移動するだけなら国道2号を使うのが一番早い。
だが今朝のライダー氏も言っていたように、それだと本当に移動するだけになってしまうし、交通量、とくに大型車が多くて空気が悪い。
今日通ったルートはいずれも山間の田舎道で、交通量が少なく快適に走ることが来た。
スポンサーサイト
コメント(2) | トラックバック(0) | 旅日記4 山陽 21-22日目 | 編集

22日目 5月2日(土)の旅日記 2009.05.05

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離191km
本日の行程はこちら(下関でバッテリ切れ)

05時起床。
曇り。

秋吉台は若干高地なので、朝夕は冷え込む。
テントの内側が結露して濡れてしまったので、午前中秋芳洞を見学する間、そのまま干しておくことに。
それにしてもここのツーリングライダーたちは朝が早い。
ほとんどの人が07時くらいには出発していってしまった。

そういえば、その中にスノーピークのペンタを使っている人がいて、昨夜少しお話をしたのだけど、なんと彼はテントを使わず、ペンタとシュラフだけで旅を続けているとのことだった。
ペンタというのは小型のタープ、つまり日よけのようなもので、ペラペラの生地一枚をポールと張り綱を使って展開するだけのシンプルなツール。
しかしペンタは張った姿が美しく、ディープなファンが多いとは聞いていた。
どうやら彼もその一人のようで、最近冷え込むし大丈夫ですか、と聞いたところ、寒いのは我慢すればいいから、というなんとも豪胆な返事をいただいた。
キャンプツーリストにはツールにこだわりを持つ人が多いけれど、中でもペンタ使いは独特の美意識を持っているようだ。
そのあたり、ビート乗りにも通じるものがあるかもしれない。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記4 山陽 21-22日目 | 編集
« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。