九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > 長野県

カテゴリ:長野県 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

中村屋キャラバン@長野県下伊那郡阿智村 2009.04.07

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [] [長野県]
5日の夕食は、飯田の帰りに立ち寄った、昼神温泉の中村屋キャラバンで取ることになった。
他のメンバーと一緒だったので一応ラーメン部ということになるのだろうけど、その場の思い付きで訪れたので番外編くらいの位置づけかな。
みんなで温泉にゆっくりつかって温まったあとに、今日日めずらしい屋台のお店に足を運んだ。

中村屋といえば神奈川淡麗系といわれる塩ラーメンで全国的に名の知れた名店中の名店だが、実は昼神温泉のこのお店が初の直系支店にして、現在中村屋の屋号を掲げる唯一の支店だ(休業中のessenceを除けば)。
そんな名店がなぜ大都市ではなく山間の温泉街に支店、しかも屋台のお店をやっているのかというと、そこには深い事情があって感動のエピソードなんかも絡んでいたりするのだけれども、ここでは委細は語らずにおく。
小生も初めてこの店を訪れた時はなんの事前情報もなく、あの中村屋が真逆、とにわかには信じられなかったくらいだ。

さて小生3回目の訪店となる今回は、ゆずラーメンの塩を注文してみた。
確か850円だったと思う。
前回の1月に来たときにはなかったメニューだ。
屋台とはいっても、夜間は朝市の建物が利用できるので、そちらへ移動してテーブルにつく。
ラーメンができて呼ばれたら、受け取りに行くという、つまりはスガキヤみたいなセルフ方式。

できあがったラーメンは黄金色のスープに、炙られたチャーシュー、半分にスライスされたとろとろの煮玉子、アクセントの三つ葉、と非常に見目麗しい一杯。
それに加えて出汁とゆずの馥郁たる香りが鼻腔をくすぐり、さらに食欲をそそる。
小生の経験から言って、見た目と香りのいいラーメンは味もいい。
期待にはやる気持ちを抑えつつ、受け取ったトレイを抱えてテーブルへもどる。

中村屋キャラバンゆず塩ラーメン
スポンサーサイト
コメント(2) | トラックバック(0) | 長野県 | 編集
« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。