九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 32日目 5月12日(火)の旅日記TOP > 旅日記5 九州 23-32日目 > 32日目 5月12日(火)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

32日目 5月12日(火)の旅日記 2009.05.15

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
※05月17日画像追加

走行距離174kmくらい

本日の行程はこちら(スタート時のログがうまくとれなかったみたい)

05時起床。
若干雲が多いもののおおむね晴れ。
気温が高く、日中のオープンドライブがそろそろきつい。

今日は鹿児島を18時に出港するフェリーに乗るので、それまでは鹿児島周辺で気になっていたスポットを回ることに。
まずは国道10号を北上。
ツーリングマップルの記載どおりに眺めのよい道ではあるのだが、やはり幹線道路だけあって大型車が多く、快適とは言い難い。
県道57号、25号を通って蒲生町へ。
目的はここの八幡神社にある蒲生の大クス。
この旅の大きな目的のうちの一つで、屋久島の縄文杉と並びいつか訪れてみたいと思っていた樹。
幹周囲24m、樹高30mという圧倒的な巨大さ。
s-IMG_6985.jpg

IMG_7012.jpg

まさに空前にして絶後、全樹種を含めて日本最大を誇る樹だ。
縄文杉のちょうど1.5倍くらいの大きさ、といったらその巨大さが伝わるだろうか。
しかも樹勢はまだまだ旺盛で、枝には緑の葉をたくさん茂らせていた。
また幹にコブや大きなうねりがあって迫力がある。
IMG_7003.jpg

IMG_6998.jpg

特に北側には着生植物が茂っていて、如何にも古木然とした雰囲気をかもし出していた。
ここの八幡神社の社務所が雰囲気のよいカフェになっていて、お茶を飲みながら大クスを眺められるようになっている。
IMG_7019.jpg
ちょっとだけ覗いてみるつもりだったのだが、応対してくれた女性が素敵な人だったので、ついついコーヒーを頼んでくつろいでしまった。
神社の人だろうか。
巫女服姿も似合うだろうなぁ、とヨコシマなことを考えつつコーヒーをいただく。
しばらくすると観光バスに乗った団体客が来たので、後ろ髪を引かれる思いで席を立つ。
また来られたらよいな。

その後は県道40号、55号、国道504号、県道56号を通って、北東へ進む。
途中で現存する最古の駅舎をもつ嘉例川駅に立ち寄る。
建てられたのは明治36年で、なんと100年以上前の建築だ。
IMG_7066.jpg

s-IMG_7061.jpg

もちろん現役で使用されており、ちょうど特急列車はやとの風が到着したところだったので、ついでに写真を何枚か。
s-IMG_7052.jpg

嘉例川駅を後にしてさらに東へ進む。
国道223号を少しだけ南に下り、すぐに県道470号へ入る。
目的地は妙見温泉の奥にある和気湯。
無料の源泉掛流し温泉で、渓流を眺めながら湯につかることのできる秘湯。
しかし苦労して場所を探し当てて、やっとたどり着いたと思ったら、お湯が抜かれた状態で入ることが出来なかった。
IMG_7080.jpg
清掃中だったのだろうか。
小生にはありがちなこととはいえ、さすがにちょっとへこんだ。

霧島周辺に秘湯をいくつかチェックはしてあったのだが、フェリーの時間が気になるので、また今度の機会に。
国道223号をさらに南下して、桜島経由で鹿児島を目指すことに。

途中道の駅たるみずで休憩。
この付近はビワの産地らしく、格安で売っていた。
ビワって結構高価な果物という印象があったのだけど、ここでは3つで100円。
買って足湯につかりながら食べてみた。
s-IMG_7107.jpg
美味。
ちなみにここの足湯は日本一長い足湯だそうで、長さが60mもある。

桜島に入り、県道26号経由、つまり反時計回りで桜島のフェリーターミナルを目指す。
島の東側は荒涼とした溶岩地帯が続く。
途中桜島噴火の際に溶岩に埋もれたという鳥居があった。
IMG_7111.jpg
3mの高さの鳥居がほとんど埋没している状態で、火山噴火の恐ろしさが伺える。

IMG_7124.jpg

桜島からはフェリーで鹿児島へ戻る。
料金1070円。
下関から門司が同じくらいの距離で550円だったことを考えると、ちょっと高い。

さて鹿児島に着いたら契約してある駐車場にビートを預け、いよいよ自転車の出番。
IMG_7133.jpg
なにやら大げさな見た目になってしまったが、沖縄では宿に泊まる予定なので荷物の中身は着替えと撮影機材くらい。

17時には乗船。
マリックスラインのクイーンコーラルプラス。
IMG_7134.jpg
昨年就航したばかりのまだ新しい船だ。
2等洋室で15200円。
洋室といっても寝台の安いやつで、密度は高い。
しかし2等が本当にすし詰め雑魚寝状態なので、プラス1000円でこの寝台で横になれるのなら、お得だろう。
宿泊費込みと考えればこの運賃は安いと思う。
沖縄の那覇まではおよそ24時間の船旅。
船酔いが心配だ。

さらば桜島。
IMG_7153.jpg

明日は一日船上の人。
IMG_7155.jpg

旅日記6 沖縄・与論島 33-36日目 へ続く
コメント(2) | トラックバック(0) | 旅日記5 九州 23-32日目 | 編集

コメント

木がでかいですねー( ゚д゚)ポカーン
その周りに喫茶店があるのもすごい!

ビートは一人鹿児島でお留守番ですかww
沖縄の土を踏ませたいですよね(´・ω・`)

とうとう船に乗りましたね!
これからどんどん景色が変わっていくのでしょう。

2009.05.15 | URL | 元禄V8 #YqzQT8Bs [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは。
12日以降の画像をアップしなおしましたので、またよろしければごらんになってください。
海が本当にきれいでした。

ビートは残念ながら連れて行くことが出来ませんでした。
運賃が自分1人の場合の5倍近くかかってしまうので…
まあビートは体重で較べたら、私の15倍以上ありますし、仕方ないのかなとは思いますけど。
ちなみに駐車代は1ヶ月分で、自分の片道分の運賃と同じくらいでした。

2009.05.17 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 33日目 5月13日(水)の旅日記 | ホーム | 虎太郎@鹿児島県鹿児島市 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。