九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 34日目 5月14日(木)の旅日記 TOP > 旅日記6 沖縄・与論島 33-36日目 > 34日目 5月14日(木)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

34日目 5月14日(木)の旅日記 2009.05.17

テーマ:沖縄 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
※05月17日画像追加

走行距離75km(自転車)
本日の行程はこちら
ついにバッテリーが1時間で切れるようになってしまった。

06時30分起床。
曇り時々晴れ。
那覇は蒸し暑い。
夜でも思ったほど気温が下がらず、少し寝苦しいくらい。
やはり熱帯なのだなと思い知らされた。

今日は自転車で沖縄南部を見て周る。
やはり暑さのため、道行く人は皆半袖。
そういえば沖縄の女子中高生の制服には青系が多くて、実にかわいらしい。
青いセーラー服というと地元では淑徳と中京の旧バージョンくらいしかないので、なかなか新鮮だ。
そんな話はどうでもいいか。 国道330号から県道7号へ入り南を目指す。
実際に走ってみて初めて知ったのだが、沖縄は坂が多い。
アップダウンの繰り返しで、わずかな距離を進むのにも時間がかかる。
ちょっと走るとすぐにこんな高台に。
IMG_7303.jpg
今日の行程でも何割かは、とても自転車に乗っていられず、押して歩くことになった。
また車が非常に多く、道も渋滞気味。
南のほうへ行くほど大型車が多く、排煙がひどい。
沖縄というともっと穏やかでのんびりしたイメージがあったのだが、そうとばかりは言い切れないようだ。

途中県道134号へ入り、當銘のガジュマルを見学。
初めて見るガジュマルの巨樹。
IMG_7247.jpg

IMG_7246.jpg
アコウよりも一本一本の幹は細くて、隙間が多い。
幹周囲18mとのことだが、これはおそらく一番外側の幹をつないで測った数値だと思う。
実際は隙間が多いため、数値ほどの大きさは感じられなかった。

近くにあるもう一本のガジュマルの巨樹、世名城のガジュマルにも立ち寄る。
こちらは幹周囲23.5mとのことで、先の當銘のガジュマルよりもかなり大きい。
IMG_7253.jpg

s-IMG_7272.jpg

幹も詰まっていてかなりの迫力がある。
奇怪な樹形であっても、葉は意外にも普通の照葉樹のものと変わりない。
IMG_7264.jpg

そういえば、この樹のすぐ近くにブロックで埋められた穴のようなものがあったのだが、やはり戦時中の壕かなにかだったのだろうか。

県道15号を南下して国道331号に合流。
沖縄本島最南端の荒崎を目指す。
県道223号へ分岐。
このあたりはサーファーが多くて、道路からでも波乗りしている姿がちらほらとうかがえた。

荒崎へと至る道を探すものの、どうにも見つけられず。
どうやら道自体が無いようだったので、あきらめて那覇へ戻ることにした。

途中見かけた南国の植物の写真を。
IMG_7279.jpg

IMG_7287.jpg

沖縄県立図書館を見学。
建物はおそらく築15年くらいで、それほど古くはない感じ。
IMG_7289.jpg
やはり荷物は持ち込めないのでロッカーで預けていく。
利用カードを発行できるのはは県内在住者のみとのこと。
県外から通勤する人、隣の鹿児島県から頻繁に訪れるような人はおそらくほとんどいないのだろう。
特異な歴史をたどった県だけあって地域資料の占める割合が多く、2階は全て地域資料のフロアだった。

今日のにゃんこは、図書館で出会ったスリムな黒猫。
小生が見ている前で茂みからつかつかと出てきて、スクーターの上でくつろいでおられた。
IMG_7297.jpg

沖縄には県立図書館とは別に公文書館があって、こちらはさらに大規模な施設。
IMG_7315.jpg
こちらではUSCAR統治時代の資料を公開して、「スパイ・アイランド・オキナワ」という展示を行っていた。
沖縄を反共拠点として確立すべく、米国民政府が行った赤狩り・諜報活動の実態を解説するという、非常に興味深い内容だった。

昼食は、沖縄そばを。
事前に調べておいた、てんtoてんと首里そばをはしご。
ラーメンと言うよりは、やはりうどんのバリエーションではないかと思う。

さて実はもう一軒、沖縄に来たらここだけは行かねばならない、と思っていた店がある。
そのお店の名は喫茶キング。
何を隠そう、日本最南端のメイド喫茶だ(厳密には違うらしいが)
しかし、事前調査しておいた場所をくまなく探しても、結局お店を発見することはできなかった。
宿に戻り、再度ネットで調べてみたところ、どうやらすでに閉店していたらしい。
ショック。
これで沖縄まで来た意味の何割かは失われてしまった。

当初の予定ではもう一日滞在するつもりだったのだが、急遽変更。
明日には沖縄を離れ、与論島へ行くことにしよう。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記6 沖縄・与論島 33-36日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« てんtoてん@沖縄県那覇市 | ホーム | 33日目 5月13日(水)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。