九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 首里そば@沖縄県那覇市TOP > 沖縄県 > 首里そば@沖縄県那覇市

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

首里そば@沖縄県那覇市 2009.05.17

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン]
※05月17日画像追加

14日の昼食その2。

地元雑誌の沖縄そば特集では必ず名を連ねる有名店。
お店は沖縄でも特に観光客で賑わう首里城の近くだが、入り組んだ路地の中にあるためか、客の多くは地元の人のようだ。
個人宅を改装したようなつくりで、靴を脱いでお店にあがる。

首里そばの中を注文。
DSC04906.jpg

まず気づくのは、先ほど食べたてんtoてんとは麺が違うという点。
てんtoてんは平打ちの太縮れだったが、こちらは平打ちの太ストレート。
愛知県民には馴染みの深い、きしめんの麺に似ている。
しかし食感は、きしめんのようなもちもちとした弾力ではなく、ぷつりぷつりと噛み切れる歯ごたえがあって、明らかに中華麺の一種だと伺える。
スープはやはり和風のあっさり味。
肉は赤身で味のよくしみた、脂気の少ないもの。
刻んだ生姜の風味がよくあっている。
麺が違うとずいぶんと印象が変わるもので、こちらの一杯はうどんやきしめんよりもラーメンに近いと感じた。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★

後で調べたところ、沖縄そばでもストレートの麺を使うのは北の地方の伝統で、縮れ麺を使うのが南方の伝統ということらしい。
図らずも一日で両方の系統の沖縄そばを食すことができたことになる。
コメント(0) | トラックバック(0) | 沖縄県 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 35日目 5月15日(金)の旅日記 | ホーム | てんtoてん@沖縄県那覇市 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。