九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 37日目 5月17日(日)の旅日記TOP > 旅日記7 屋久島・九州 37-50日目 > 37日目 5月17日(日)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

37日目 5月17日(日)の旅日記 2009.05.20

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
GPSログは朝の鹿児島入港あたりまで。
その1
その2
日中は市内の移動のみだったためログを取らず。
走行距離10km程度。

05時起床。
曇り時々雨。

朝から雲が多く天気は下り坂。
洋上ではみごとな天使の梯子を見ることができた。
IMG_7593.jpg

IMG_7604.jpg

08時30分に鹿児島新港に無事到着。
再び本土の土を踏むことができた。

さてこのまま次の目的地である屋久島へ行きたいところではあるが、実は屋久島行きのフェリーが出港するのは07時。
つまり翌朝の便まで、鹿児島でまた待機しなければならないということ。
実に時間がもったいない。
訪れる順序を逆の、屋久島-沖縄の順にしておけば、うまい具合にフェリーを乗り継げるらしいのだけど、それを知ったのが沖縄へ出発した後だった。

いまさら嘆いても仕方ないので、再び鹿児島の町を散策することに。
久しぶりにビートのハンドルを握る。
12日に前を通りがかって気になっていた磯地区周辺を見学。 まずは旧島津家金山鉱業事務所。
IMG_7691.jpg

IMG_7620.jpg
明治37年の建築。
現在は西洋料理のレストランとして使われているようで、写真は外観のみしか撮れなかった。
中も見てみたかったし、メニューのわりにリーズナブルなお店ではあったので、ここで昼食にすればよかったかもしれない、と少し後悔(昼は結局吉牛に)。

その隣に立つのが旧島津家吉野植林所事務所で、明治42年の建築。
IMG_7629.jpg

IMG_7626.jpg
現在は磯工芸館のショールームとして使われ、名産品である切子硝子の販売を行っているようだ。
玄関ポーチの照明も切子細工。
IMG_7637.jpg
ちなみにここで販売している切子には、小生ではとても手を出せないような値札が付いていた。

また島津家別邸である仙巌園はすぐ近くなのだが、人が大勢いたのと入場料が必要ということで立ち寄らずじまい。
せっかく鹿児島まで来ているのに、ちょっと勿体無かっただろうか。

その代わり道路を挟んですぐ南に建っている異人館を見学。
IMG_7675.jpg

IMG_7657.jpg

IMG_7671.jpg

IMG_7678.jpg
驚くべきことに、この建物は明治維新前の慶応3年(1867年)の建築。
明治より前に洋館が存在していて、しかもそれが現存しているだなんて初めて知った。
もともとは島津忠義が招聘した、イギリス人技師のための宿舎だったようだ。
耐震強度の問題から内部が公開されていないのが残念だが、外側だけでもじっくり見ることができてよかったと思う。
ちなみに補強工事は今年の9月から開始だそうで、それが終わればきっと内部の見学もできるようになるはず。

さてこの界隈を一通り散策した後は、時間があるときにやっておこうと思っていたビートの整備のために、近くのオートバックスへ。
大阪以来の、この旅2回目となるオイル交換のつもりだったのだが、なんとビートに適合する交換メニューが無いとのこと。
ビートの純正は10w-40だが、最近ではこんな高粘度のオイルを使うような車種はもう無いのだろう。
どうしてもというならば、自分で缶ごと購入して交換だけ店に依頼するという手も無くはない。
しかしそれだと費用が倍以上に嵩んでしまう。
前回交換したのがスーパーオートバックスだったので、宮崎にあるという次のスーパーオートバックスまでビートには我慢してもらうことに。
18年も前の車ともなるといろいろなところで不自由が出てくるものだ。

その後はネットカフェにこもり、予約をしてある宿のチェックインの時間までデータの整理を。
時間になったら宿へ移動。
ネットカフェの長時間プランとそれほど変わらない値段の、いつもの安宿。

明日はいよいよ屋久島へ。
キャンプにするのか、大事を取って宿に泊まるのか思案中。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記7 屋久島・九州 37-50日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 鹿児島ラーメン豚とろ@鹿児島県鹿児島市 | ホーム | 36日目 5月16日(土)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。