九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 43日目 5月23日(土)の旅日記TOP > 旅日記7 屋久島・九州 37-50日目 > 43日目 5月23日(土)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

43日目 5月23日(土)の旅日記 2009.05.26

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離234km
本日の行程はこちら

05時30分起床。
曇り時々晴れ。

やはり車内泊では熟睡できない。
腰が痛くなってきて、夜中に何回も目が覚めてしまう。
やはり車内泊は非常時の最終手段にしたい。

夜を明かした道の駅、おおすみ弥五郎伝説の里は、運動公園として整備が行き届いていて、広大な芝生やアスレチック、カートコースまである。
ぶっちゃけ芝生にテントを張ってしまったほうが楽だったかもしれない。
まあ整備が行き届いている分人の目が多くて、うかつなことはできないわけだが。
起きてから軽い運動をかねて、道の駅内を歩き回って写真を撮ってみた。
IMG_8524.jpg
朝日に変な形の雲がかかって、ぼやけて見えた。
朝食は昨日買い込んでおいたパンを。
手間がかからなくて助かる。
鹿児島ではチョココロネが簡単に手に入る。
ありがたいことだ。

07時には道の駅を出発。
そのまま国道269号を南下して佐多岬を目指す。
10kmほど走ったところで、県道64号、551号へそれて国道504号へ。
なぜずっと国道269号を走らなかったかというと、国道504号から分岐する県道553号を走ってみたかったから。
この県道553号は地図上でもはっきりとわかるくらいにまっすぐな道で、南北に10km近く直線が続いている(ツーリングマップル九州沖縄のp60)。
周囲には広大な畑が広がっていて、所々に集落が点在していた。
ただ畑といっても場所によっていろいろな作物を育てているようで、北海道のような一直線に原野を突っ切る道とは雰囲気が違う。
北海道の道を走ったことがないので、憶測だけど。

県道68号へ入り、大隈半島の山の中を通って南へ。
この県道68号といい、いままで通ってきた道といい、大隈半島は噂どおり道の整備が行き届いていて、実に快適に走り抜けることができる。

途中旗山神社の大樟を見学。
本来の幹を覆いつくしてしまうほど、着生植物を茂らせているクスノキ。
根元の洞の中には小さな社が建てられていた。
IMG_8544.jpg

IMG_8534.jpg

その後は一旦半島の西側、国道269号へ出て海岸沿いを走る。
交通量自体は多くはないものの、時折大型車が走っていて、そこで団子状態になってしまう。
国道269の終点から先は、再び県道68号に合流。
佐多岬ロードパークのゲートを過ぎていよいよ佐多岬へ入る。
IMG_8632.jpg
この道は現在は無料開放されているが、以前は有料道路だったようだ。
終点の駐車場に車を停めて、そこから先は徒歩で岬の先端を目指す。

駐車場の片隅に生えていたかなりの大きさのガジュマル。
IMG_8630.jpg

駐車場の先にあるトンネルに料金所があって、入場料300円を払う。
IMG_8569.jpg

トンネルを抜けてからは歩道を15分ほど歩く。
結構アップダウンの激しい道で、周囲には熱帯の植物が生い茂っている。
s-IMG_8576.jpg

断崖絶壁の上を歩道が通っている。
柵があっても足がすくむような高さ。
IMG_8580.jpg

そういえば猿がたくさんいるという話を聞いていたのだが、結局出くわすことはなかった。
そして10時14分、ついに日本本土最南端佐多岬の標識に到達。
IMG_8597.jpg

向かいの島には灯台が建っていて、眺望は良好。
IMG_8604.jpg
このときだけでも日が差してくれてよかった。

ちなみにこの近くには展望台があるのだが、入場料が必要なので登らず仕舞い。
眺めはあまり変わらないという話だし。

さて最南端に到達してしまったので、ここからは折り返して北へ向かわなければならない。
今度は半島中央部の広域農道と県道68号を使って北へ。
相変わらずのいい道。
この程度の直線はいたるところで普通に見られる。
IMG_8641.jpg

国道448号を東へ。
ここから半島の東岸を走っていく。
時折狭いものの、おおむね快走できる道。
走っていると不安になってくるくらい交通量が少ないし、ずっと人家も無い。
たまに自転車で走っている人を見かけたけれど、本当にすごいと思う。
自分には絶対無理。

13時には今日の投宿地、ふれあいの森キャンプ場へ到着。
もっと先に進んでもよいのだけど、ここのキャンプ場は無料で使えるし、昨日あまり寝ていないので今日はここまでにして、さっさと設営を済ませる。

とはいってもさすがに休むには早いので、周囲の探索に出かけることに。
キャンプ場から4kmほどの距離にある、塚崎の大クスを見学。
赤い鳥居の奥に鎮座していて、大きく口を開けた洞が少し不気味。
IMG_8658.jpg
このクスノキは古墳の上に立っているのだが、古墳といっても小さな円墳のため、完全に木の下敷きになってしまっているという印象。
IMG_8682.jpg
石階段も成長を続ける根に持ち上げられてしまってがたがただし、おそらく玄室も圧壊しているのでは。
IMG_8656.jpg

今日の風呂は付近の高山温泉ドーム。
目立つ看板も出ていないのに、田園風景にいきなり現れる立派な施設。
実は昨日の新燃荘の硫黄臭がまだ体に残っていて、正直洗い流すのがもったいない気もした。
休憩施設も整っていたので使わせてもらいデータの整理をしていく。

明日は宮崎までたどり着けるだろうか。

コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記7 屋久島・九州 37-50日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 44日目 5月24日(日)の旅日記 | ホーム | 42日目 5月22日(金)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。