九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 51日目 5月31日(日)の旅日記TOP > 旅日記8 山陰 51-54日目 > 51日目 5月31日(日)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

51日目 5月31日(日)の旅日記 2009.06.03

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離307km
本日の行程はこちら

05時30分起。
予報では晴れだったにもかかわらず、天候は曇り時々雨。
こういうパターン多いな。

撤収中にテントのグランドシートを裏返したら、ナメクジがびっしり。
雨が降り続いていたし、出るだろうなと見越して食器類は全てインナーへ収納していたので実害はなかったものの、それでも気分のよいものではない。
まさか昨夜さざえのつぼ焼きを食べたせいで、複足類に祟られたというわけでもないだろうし。
(ナメクジの写真はアップしないほうがいいよね?) 今日は日本海沿いに国道をひた走る予定だったので、交通量が少ない朝のうちに早めに行動を開始。
国道191号から国道9号へ入り、海岸線にそってひたすら北東へ向かう。
一桁の主要国道ということで混雑を懸念していたものの、それほどでもなかった。
江津からは国道261号へ。
交通量はさらに減り、非常に快適に走ることができた。

県道40号を使って、南から回り込むルートで三瓶山へ。
三瓶山周辺には松の巨木が多いので楽しみにしていたのだが、無事見ることができたのは定めの松の片方だけ。
この木にしたところで、マツクイムシの被害を受けている最中で防除処置がとられている状態だった。
定めの松のもう片方(定めの松は本来2本一組)、片腕の松、女夫松はいずれもすでに枯死してしまったようだ。
片方だけになってしまった定めの松の写真。
IMG_9566.jpg
かつては街道を挟んで、2本の松の大木が仁王門のようにそびえていた。

ここ数年の間に、全国各地で樹齢数百年の松の巨木が同時多発的に枯死しているのは、巨樹好きの間では周知の事実。
小生自身にしたところで、事前に調べて現地へ赴いたら数ヶ月前に枯死していた、というパターンを過去に何度か経験している。
足利誓いの松しかり、萬休院の舞鶴松しかり。
この先被害がどう拡大するか予測が付かないし、そもそも原因もよく分かっていないらしいので、今のうちにできるかぎり名松と呼ばれる松を見て、記憶に焼き付けていきたいと思う。

三瓶山を一周するルートを走ってみたものの、山には雲がかかっていて展望は今ひとつ。
道路自体は舗装が若干荒れ気味なものの、森と草原が交互に現れる爽快なルートだった。
しかし日が射さないせいで寒い。
標高600m程度の三瓶山周辺で気温は10度程度。
先週はオープンドライブがきついくらいの照りつけるような暑さだったのに。
自分が移動し続けているせいなのか、今年の気候が特殊なのか、こうも寒暖の差が激しいと体調を崩さないか心配になる。

三瓶山を後にして、県道と国道をいくつも走りついで東へ。
島根県と鳥取県の県境に近いところにある竹崎のカツラを見学。
カツラへは山道を1kmほど歩かねばならない。
一応散策路として整備はされていたらしいのだが、現在では半ば自然に帰りつつあって、草をかき分けながら進む。
カツラは幹周囲16mを超える巨木で、中心部の主幹こそすでに失われているものの、周囲のヒコバエから育った新しい幹が多くの葉をしげらせていた。
IMG_9589.jpg
この地方のカツラの例に漏れず、製鉄の神、金屋子神の宿る樹として古来より大切に保護されてきたらしい。

その後は広域農道経由で北へ。
途中もう一本のカツラの巨木、海潮のカツラに立ち寄った。
こちらは先の竹崎のカツラとは異なり、集落の中の神社の境内に立っている。
カツラの巨木といえばふつう人里離れた山中に生えていることが多いので、むしろこの海潮のカツラのロケーションが例外的。
こちらの樹も主幹が失われているが、そんなことを感じさせないほど周囲の幹の勢いが盛ん。
明るい緑の葉の下にいるとまさにグリーンシャワーといった風情で、カツラ独特の甘い香りにつつまれて、心地よい気分になってくる。
IMG_9619.jpg

IMG_9633.jpg
カツラの葉はその巨体に似合わない、小さくて丸い可愛らしいもの。
写真では伝わらないが、樹の周辺には独特の香気が漂っている。

まだ時間に余裕があったので今日のうちに松江まで行ってしまうことにした。
松江にある島根県立図書館を見学。
なんとも斬新な建築だが、実は竣工からすでに40年以上が経過しているそうで、当時の建築家のセンスの先進性に驚かされた。
IMG_9635.jpg
まあデザイン重視の建築の例に漏れず、雨漏り、本の日焼けなど、図書館として使用する上での不具合はいくつも抱えているらしい。
図書館の活動としては学校図書館の支援に力を入れているそうで、司書教諭の配置支援や研修などを行っているとのこと。
資料情報グループの課長にじきじきに説明していただいて非常に恐縮。

今日は松江のビジネスホテルへ投宿。
車を駐車場へ入庫する際に、幌のファスナーが壊れて閉められなくなるトラブルが発生。
ホテルの方に工具をお借りして、その場で修繕しなんとか事なきをえた。
これが何の設備もないキャンプ場だったら、ずっと幌を開けっ放しにしておかねばならないところだった。
感謝。

今日は交通量の少ない道を走り続けたせいか、燃費が21km/lを超えた(普段は18km/l程度)
たぶん最近の重量の重い軽自動車ではこんな数値はでないのでは。

明日は鳥取へ移動し、大山近郊まで足を伸ばす予定。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記8 山陰 51-54日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 麺屋ひばり@島根県松江市 | ホーム | 50日目 5月30日(土)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。