九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 53日目 6月2日(火)の旅日記TOP > 旅日記8 山陰 51-54日目 > 53日目 6月2日(火)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

53日目 6月2日(火)の旅日記 2009.06.05

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
6月1日(月)の旅日記の記事に写真を追加。
および6月2日(火)の旅日記以降の記事を再掲。(06月06日)

走行距離152km
本日の行程はこちら

05時30分起床。
天候は霞が多いものの、かろうじて晴れといったところ。
宿泊した蒜山高原キャンプ場は、高原あり林ありの広大なキャンプ場なので、朝の散歩がてら場内をぐるりと歩いてみた。
軽く一周してくるだけで30分近くかかる。
蒜山から昇る朝日。
IMG_9743.jpg
やはり霞がかってしまい、いまいち綺麗ではない。
朝食を適当に済ませて出発。
とはいっても今日は移動はしないので、適当に走り回って午後には戻ってくる予定。

まずは大山滝の見学へ。
片道1時間程度の山歩き。
途中にあったつり橋。
IMG_9768.jpg
とにかく高くて、下を眺めると吸い込まれそうな錯覚に陥る。
行程は距離的には大したことなかったものの、アップダウンがかなりきつく、軽い気持ちで臨んだことを少し後悔することに。
特に最後の滝つぼへの道はほとんど垂直に近い勾配で、鎖をつたって降りなければならず、三脚を担いだ状態ではなかなか大変だった。
大山滝は百名瀑に列せられる滝で、上下に分かれた二段の滝になっている。
IMG_9795.jpg

IMG_9801.jpg
紅葉の時期はきっと明媚なことだろう。
朝の早い時間だったにもかかわらず、写真撮影の先客の方がひとり。
まさか人がいるとは思っていなかったのでびっくりした。

10時40分には車を停めた一向平へ戻ることができた。
その後は、県道45号を下り一旦ふもとの倉吉市を目指す。
重なり合った山並みがきれいだった。
IMG_9825.jpg
倉吉市で、夕飯の食材の買出しと給油を済ませる。

国道313号を使って南へ。
湯原温泉郷を目指す。
今回の目当ては有名な砂湯ではなくて、さらにその南、郷緑温泉。
温泉とはいっても、施設は明治時代から続く温泉宿の郷緑館一軒のみ。
ここの風呂に立ち寄りで入らせてもらった。
30分貸切で500円。
温泉自体はアルカリ単純泉ということで、無味無臭。
それほど特徴的なお湯ではない。
特筆すべきは、湯船の真下から源泉が湧き出ているという点。
というか源泉を囲って湯船を作ったと言ったほうが正しいかもしれない。
IMG_9829.jpg
湧出量自体はそれほど多くはないので、勢いは感じられないものの、時折足元の岩の割れ目からこぽこぽと気体が浮かんできていた。

ちなみに足元からの湧出温泉というとすぐ近くにもう一軒、真賀温泉館の幕湯という共同湯があり、マニアックさにおいてはどちらも甲乙つけがたい。
実にどうでもよい話だが、その真賀温泉館にある本棚が秘湯の共同湯らしからぬ蔵書構成で、8割くらい小生の自室の本棚と一致していたりする。

15時前には蒜山高原キャンプ場へ戻る。
今日はここでZUMI氏をお迎えするので、夕飯の支度を早めに始める。
作ったのは肉じゃが。
最近不精になってしまい、なかなか手の込んだ料理を作らなくなっていたので、ちょうどよい機会だ。
旦那様の帰りを待ちわびる新妻の気分を疑似体験。
いやん。

17時過ぎにはZUMI氏が到着。
わざわざ愛知からコペンで駆けつけていただき、恐縮。
今夜は氏もここでキャンプ泊。
自分のことを棚に上げて言うけれど、コペンでキャンプは普通やらないと思う。
ちゃんとオープンだったし、よく荷物が載ったものだと関心。(コペンはオープンにするとトランクにほとんど荷物が入らない)

氏が差し入れでお菓子を買ってきてくださったので、コーヒーを淹れてしばし歓談。
いただいた栗のタルト。
IMG_9839.jpg
よくわかっていらっしゃる。
感謝。

明日はZUMI氏と一緒に鳥取県立図書館を見学。
図書館関係者の中では知らない人はいないという凄い図書館なので、気合を入れて臨みたい。


コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記8 山陰 51-54日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 54日目 6月3日(水)の旅日記 | ホーム | 52日目 6月1日(月)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。