九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 65日目 6月27日(土)の旅日記TOP > 旅日記11 信越・尾瀬 62-66日目 > 65日目 6月27日(土)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

65日目 6月27日(土)の旅日記 2009.06.30

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
移動距離19km(徒歩)
本日の行程はこちら(弥四郎小屋から尾瀬沼休憩所まで)

04時30分起床。
晴れ。

起床と同時に散歩へ出かける。
朝霧が立ち込めて、幻想的な雰囲気。
IMG_1265.jpg
IMG_1282.jpg

IMG_1283.jpg

IMG_1286.jpg

IMG_1311.jpg

IMG_1329.jpg
やはり尾瀬は早朝の景色が綺麗だと思う。
温泉小屋から昨日通った見晴の十字路あたりまで、1時間半ほどかけてゆっくりと散策した。

06時30分より朝食。
07時ごろには温泉小屋を出発。
なんだかんだ言って、ほぼいつもと同じスケジュールだ。

今日は尾瀬沼東岸にある尾瀬沼ヒュッテまで歩き、そこで宿泊の予定。
時間的に余裕があるので、尾瀬ヶ原の昨日通った道を逆ルートでたどってみた。
東電小屋周辺の白樺。
IMG_1348.jpg

ヨッピ橋から竜宮経由で見晴へ戻り、弥四郎小屋で水を汲んでいく。
IMG_1385.jpg
ここの水はもちろんそのまま飲めるのだが、鉄分が多いのか独特の苦味がある。

見晴から東へ伸びる道をたどって、尾瀬沼を目指す。
尾瀬ヶ原よりも尾瀬沼のほうが標高が高いため、この道はおおむね登り。
木漏れ日の林の中を進む。
IMG_1391.jpg

日陰にはミズバショウがまだ残っていた。
IMG_1413.jpg

11時に尾瀬沼の西岸、沼尻に到着。
IMG_1429.jpg
この桟橋はずっと以前から朽ちたままの状態。
もはや実用にはならないだろうけれど、沼の景観に風情を添えている。

沼尻の休憩所で早めの昼食を済ませて、沼の南側を回り込むルートで東岸へ向かう。
意外にアップダウンが多い上に、木道がところどころで朽ちているので、気をつけながら進む。
土曜日のせいか、大清水口から入山したと思しき人たちが大勢いた。

途中でギンリョウソウを見つけたのだが、残念ながらうまく写真が撮れなかった。
種子植物でありながら、光合成をせずに細菌と共生して生きるという、珍しい植物だ。
葉緑素をもたないために真っ白な草体。

13時には今日の宿泊地である尾瀬沼ヒュッテへ到着。
IMG_1465.jpg
ここは受付の時間が早いので、チェックインを済まして入室。
週末のため昨日よりは利用客は多いようだったが、それでも1人で個室だった。
オフシーズンだとこんなものかもしれない。

午後からは荷物を置いて周辺をのんびりと散策。
やはり午後になると空に霞が出てしまう。
結局、尾瀬では星の写真は撮れずじまいだった。
星空を狙うならやはり冬だろうか。

明日は午前中に尾瀬を出た後、どこへ向かおうか思案中。
長岡方面へ戻るか、あるいは会津若松へ出るか。

コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記11 信越・尾瀬 62-66日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 66日目 6月28日(日)の旅日記 | ホーム | 64日目 6月26日(金)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。