九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 68日目 6月30(火)の旅日記TOP > 旅日記12 東北 67-77日目 > 68日目 6月30(火)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

68日目 6月30(火)の旅日記 2009.07.03

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
※6月30日(火)の旅日記 以降の記事に画像を追加しました(7月5日)

走行距離147km
本日の行程はこちら

06時起床。
昨夜は夜更かしをしたため寝坊気味。
天候は雨のち曇り。

07時よりホテルの朝食を食し、出発までの間に今日のルートを考える。
安達太良高原に調べておいた無料のキャンプ場があるのだが、福島県立図書館を見学すると、ルート的に逆戻りしなければならなくなる。
無駄が多いし天候が不安定なので、今日はキャンプ泊ではなく、適当な道の駅で車内泊することに決めた。
仕方あるまい。 09時37分、宿を出発。
国道121号から県道69号へ出て、ほぼ真北へ進む。
国道459号で右折。
磐梯山の北側を周遊するルートだ。
路面の荒れも少ないし道幅も広く、走っていて快適な道。
山岳道路だと想像していたのだが、実際には普通の林の中を走るルートで景色は普通。
まあ今日は天候がいまいちだし、晴れていればきっと木漏れ日が素敵だろうとは思う。

途中から有料道路、磐梯吾妻レークラインに入りさらに東へ。
料金は普通自動車だと900円以上取られるが、ビートなら二輪と同じ630円。
この道も有料の割りに、展望は先ほどの国道459号と大差ないように思えた。
そのまま国道を走り続けたほうがよかったかもしれない。
よく考えてみたらこのあたりは標高が1000mもないわけで、そんなにすごい展望を期待するほうが間違っているのかもしれない。

国道115号へ出たあたりで視界が霧に覆われる。
DSCN0021.jpg
そろりそろりと走り、道の駅つちゆで休憩。
ソフトクリームでも食べながら霧が晴れるのを待つことにした。
IMG_1734.jpg
20分ほど待つと、霧も少しはましになったので、再出発。
そのまま国道115号を北東へ進み、福島市街を目指す。

福島県立図書館へ行きたいところだが、その前に済ましたい用事があったのでそちらを先に。
福島フォーラムというローカルな映画館で、某劇場版の2作目を鑑賞。
正直旅の途中で映画というのもどうかと思うが、この作品だけはどうしても劇場で見ておきたかったのだ。
もう、凄まじい、としか言葉が出てこない。
ほんの少しでもモノ作りに関わったことのある人間ならば、きっとこの作品には感じるところがあると思う。
小生でさえ、久しく忘れていた心の内奥のナニかが疼くような感覚を覚えたくらい。
とにかく凄かった。
まあ他のどうでもいい感想としては、コスモのロータリーサウンドは凝ってるなあとか、センチュリーでドリフトは渋いとか、ツンデレとクーデレと眼鏡っ子はどれが一番萌えるかだとか、やっぱり縞だよねよくわかっていらっしゃるとか、いろいろ思いはしたのだが、あまり書き連ねすぎると人格を疑われかねないのでこれくらいに留めておこう。

福島フォーラムからは県立図書館はすぐ近く。
建物は美術館と繋がっていて、同じ意匠で統一されている。
中央が美術館、右手が図書館。
IMG_1735.jpg

IMG_1744.jpg
築25年ということだが、デザイナのセンスがよかったのか、それほどの古さは感じられない。
開架はワンフロアのみだが相当な広さがあり、蔵書数は75万冊とのこと。
入り口付近で裁判員制度についての企画展を行っていた。
これは単に関連する蔵書を並べるだけでなく、ショーウィンドウに裁判に関する歴史的な貴重書や、実物の法衣などを展示して、見た目にも注意を惹きやすい。

また県内の小中学校で使われている教科書を全て一箇所に集めている棚があって、珍しいと思った。
どの学校でどの教科書が使われているかまで示されていて、実際に子どもを持つ親や教育学部の学生には興味深い展示なのではないだろうか。

それからパスファインダーの製作にも力を入れているようで、2006年ごろから作成されたものが入り口付近にずらりと並べてあった。
これは今まで見てきた図書館の中でも、ずば抜けたボリュームだったと思う。

気になったのは図書の装備が非常に簡素な点で、見たところ児童書以外はブッカーが掛けられておらず、BDSゲートも設置していないようだった。
カバーが外せてしまうような状態なので、保存状態が心配に思えたが、目だって傷んでいる本は見当たらなかった。
きっとユーザの扱い方が丁寧なのだろう。

しばらく県立図書館に滞在した後、行動を再開。
すぐ近くにある飯坂温泉で風呂に入っていく。
利用したのは共同湯の鯖湖湯で、日本最古の木造建築の共同湯だったらしい。
IMG_1748.jpg
現在の建物は再建というかレプリカだが、脱衣所と浴室の間に仕切りがないところや、御影石の湯船、番台など古い様式をかなり正確に再現しているようだった。
しかしお湯が熱すぎて長湯ができず。

鯖湖湯の付近は古い建物がかなり残っていて、散策にもちょうど良い環境だった。
IMG_1763.jpg

IMG_1755.jpg
近くに猫もいたし。
IMG_1765.jpg
ペンギンみたいな模様のお澄ましさん。

その後は県道353号、46号、国道113号を走りついで道の駅七ヶ宿へ。
今日はここで車内泊。
明日は山形県立図書館を見学の予定。
コメント(2) | トラックバック(0) | 旅日記12 東北 67-77日目 | 編集

コメント

鯖湖湯

やはり立ち寄られましたか。
私もここは大好きで、東北へ行くたびに寄ってます。
雰囲気がいいんですよね。
料金も良心的ですし。

これからやま4さんとレイトショーで映画を見に行ってきます。

2009.07.04 | URL | ZUMI #23mCrDLY [ 編集 ]

Re: 鯖湖湯

こんにちは。
鯖湖湯ってそんなに有名な温泉だったんですね。
実は宿泊地との距離の兼ね合いで、TM上から選んだだけだったんですけども…。
近代的な温泉施設も快適なのですが、こういう情緒あふれる共同湯はほっとします。

映画のお話もまた今度聞かせてください。

ところで、いままで使ってきたjpgビューアと編集ソフトの破損のため、現在写真の編集、アップができない状態が続いています。
ソフトの配布元を探して再インストールしますので、写真はそれまでお待ちください。

2009.07.05 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 69日目 7月1日(水)の旅日記 | ホーム | 67日目 6月29日(月)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。