九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 男は黙って前を行け!@岐阜県岐阜市 TOP > 岐阜県 > 男は黙って前を行け!@岐阜県岐阜市

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

男は黙って前を行け!@岐阜県岐阜市 2009.03.16

Tag [ラーメン] [岐阜県] [まぜそば] [豚骨] [醤油]
今日は買い物をするつもりで名古屋まで出てきたはずなのに、気がつくとこのお店の男臭ぁい看板を見上げていた。
…おかしい。
なぜ自分は岐阜にいるのか。
男は黙って前を行け!外観

そう、夕方に無性に二郎系のまぜそばが食べたくなり、まだ来たことのない、このお店のことを頭の片隅から引っ張り出してきたのだった。
で気になり始めたら最後、どうにも確かめずにはいられなくなり、予定になかった岐阜にまで足を伸ばすことになった次第。
美味千里を走らす。
本家で食べたことが無いにもかかわらず、おそるべし二郎系の魔力。

店の前では5、6人がすでに待ち状態で、列に並ぶとすぐに店員さんが注文を取りに来てくれた。
自家製の極太麺が売り物のこの店では、麺の茹で時間がかかるためにこういうシステムになっているのだろう。
この点は千種の大勝軒と同じだ。
頼んだのは、汁なし豚ハーフ300。
男は黙って前を行け!汁なし豚ハーフ300



先に注文をとっていたため、茹で時間が13分かかるという極太麺にもかかわらず、席に着くと意外にすんなり丼が運ばれてくる。
男は黙って前を行け!汁なし豚ハーフ3002

出された丼は、麺の上にもやしとキャベツ、チャーシュー、生玉子が載せられているものの、豚肉がハーフだからか、想像していたほどのボリュームでもない。
といってもこれはあくまで二郎インスパイア系にしてはという話であって、常識の範疇では十分大盛り。

このお店の売り物である麺は、うどんと見まがうばかりの極太麺で、適度な歯ごたえがあって旨い。
よく言われるように、すするのではなく噛み締めるような麺だ。
汁なしラーメンにもかかわらず、味付けはタレだけではなく、スープが丼に半分くらいは入っていた。
拳骨からとるというこのスープは、ら・けいこあたりと較べると結構マイルドで、刺々しさが控えめな分、存分に旨みを楽しむことができる。
チャーシューは、混ぜて食べることを前提とした汁無しだからだろうか、ほぐしたタイプのもので、食感はなんとなくシーチキンを連想させた。
特徴的なチャーシューだが、味もよく染みているし、この丼にはよく合っていると思う。

東海地区でこの手のお店というと、どうしてもら・けいこのことが頭に浮かんでしまうが、ラーメンの味もお店の敷居の低さも、より一般向けだとは思う。
お客さんの中には、女性の姿もちらほら見受けられたし、小生の中ではおおむね下のような位置づけ。

極右過激派← ら・けいこ - 男は黙って前を行け! - 連獅子 →中道穏健派

自分ひとりなら、ら・けいこだけど、経験の少ない人と連れ立っていくならこちらのお店だろうか。

きっと一月位すると、また無性に食べたくなる気がする。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★

男は黙って前を行け!(お店の場所はこちら)
11:00-14:00 18:30-21:00
日曜・祝日定休

コメント(2) | トラックバック(0) | 岐阜県 | 編集

コメント

こんばんは

来ましたよ。
らしさ全快ですね。
私はこんなに考えながらラーメン食べないです。

これからここで足どり辿りますよ。

2009.03.16 | URL | やま4 #- [ 編集 ]

Re: こんばんは

コメントありがとうございます。
4月からは簡易更新になる予定ですが、よろしくおねがいします。

2009.03.18 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 1/72 散香マークB 製作 10 | ホーム | にくきう日向ぼっこ。 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。