九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 96日目 7月28日(火)の旅日記TOP > 旅日記13 北海道 78-107日目 > 96日目 7月28日(火)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

96日目 7月28日(火)の旅日記 2009.07.31

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離247km
本日の行程はこちら

05時起床。
晴れのち曇り。
予報に反して、雲が途切れ陽が差した。
蜀の犬は日に向かって吠えると言うが、まさにその心境。
珍しいこともあるものだ。

久しぶりの日光を、ずっと湿ったままだったテントやシュラフに当てて乾かす。
7時46分行動開始。
まずは宿泊したキャンプ場のすぐ近くにある百人浜展望台へ。
海鳴りの聞こえる草原に塔がひっそりと佇み、幻想的な光景。
IMG_3938.jpg

展望台から豊似岳方面を望む。
IMG_3950.jpg
やはり晴れていると全然印象が違う。
こんな地形だったのかとはじめて気づいた。

その後は道道34号を南下して襟裳岬へ。
数分走っただけなのに、さっきの青空が嘘のような濃霧につつまれる。
周囲は数mしか視界が利かず、おそるおそる進む。
ナビによると、ここがおそらく襟裳岬。
IMG_3958.jpg
といっても写真の通り真っ白の霧に囲まれて、右も左も分からない状態。
駐車場も看板も見あたらなかったので、確認する術がなかった。
また近くに灯台もあるはずなのだが、それも見つけられず。

近くに停まっていた車の下にいたにゃんこ。
IMG_3955.jpg
むっつり顔。

国道235号を北西へ進む。
襟裳岬を越えると霧は収まり気温が上がり始め、すぐに上着を脱ぐことになった。
気温はおそらく20度近くあるようで、半袖でも外を歩けるほどの暖かさは久しぶり。
車もオープンにして、昨夜の雨でまた濡れた車内を乾かしながら走る。

このあたりから、岬の東側に較べて交通量が増え、特に大型車が目立つようになった。
それに反比例するようにツーリングライダーの姿は少なくなる。
前の車について走るだけの退屈な道が続く。

途中のレストランみやもとで昼食を。
パスタランチのカルボナーラ。
IMG_3964.jpg
この店は自家製のチーズを売り物にしていて、このカルボナーラも濃厚な味わいだった。

買出しは苫小牧の市街地で。
そういえば、そこのスーパーで25日にも見かけた花咲ガニが売っていたのだが、こちらは一匹798円ととほぼ倍の値段で、しかも前の奴よりも小さかった。
やはり根室で買っておくべきだったか、と少し後悔。

苫小牧から支笏湖方面へ向かい、湖畔のモラップキャンプ場で今夜は野営。
水際が本当にすぐ近くで眺めは良いのだが、ライダーの姿がなく、車できた家族連ればかりで、なかなか賑やか。
やはり北海道でも西のほうはライダーには人気がないのか…。
支笏湖から見る夕日。
IMG_3973.jpg

札幌で車の整備をするつもりだったのだが、部品の手配に少し時間がかかりそう。
待ち時間が数日あるので、明日は登別から室蘭あたりへ出てみようか。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記13 北海道 78-107日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 97日目 7月29日(水)の旅日記 | ホーム | 95日目 7月27日(月)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。