九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 97日目 7月29日(水)の旅日記TOP > 旅日記13 北海道 78-107日目 > 97日目 7月29日(水)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

97日目 7月29日(水)の旅日記 2009.08.01

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離281km
本日の行程はこちら

05時起床。
曇りのち濃霧。
朝のうち少しだけ陽が差す。

夜半に小雨に見舞われたものの、日中はなんとか降らずにもってくれた。
二日連続で、濡れずに外を歩けるなんてすばらしい。
折角なので、朝、支笏湖畔の国道453号を走りに出かける。
この道は、10日に長万部から札幌に抜ける際にも通ったのだが、その時は台風並みの暴風雨で、まともな写真が撮れなかった。
今日のように雨と風がなければ、穏やかな湖面を間近に望む、すばらしい道。
IMG_3996.jpg
キャンプ場で隣だった、秋田から来たという初老の夫妻と少し話しをする。
苫小牧から八戸へ渡るフェリーの便について知りたがっていたので、ネットで調べて差し上げたら、お礼にあきたこまちをいただいてしまった。
感謝。

国道453号を南西へ。
途中の蟠渓温泉にある、オサル湯という野湯を訪ねてみることに。
川岸に二つの湯船があり、増水時には水没するとは聞いていたのだが、片方はどう見ても完全に水の底。
IMG_4027.jpg

もう片方も湯船の中に、土砂が流れ込んでしまい、半分以上埋まった状態だった。
IMG_4029.jpg

まあ今までにも北海道各地で、雨による浸水や土砂崩れを何件も見てきたので、こんな水際ぎりぎりの湯船ではひとたまりもなかっただろうと思う。
さすがにこの状態では入浴できないので、足湯がわりに足だけ浸けることにした。
湯船の底から湯が湧き出ているらしく、水面付近に較べて、底の土砂がかなり熱くなっていた。

道道2号を南に下り、登別方面へ。
事前に調べておいた虎杖浜の店で昼食を取るつもりだったのだが、団体の貸切状態のために食べることができず。
仕方ないので国道36号で室蘭まで出て、そこで昼食。

室蘭付近は霧が出ていて、視界がいまいち。
地球岬からの展望。
IMG_4036.jpg
晴れた日には下北半島まで見通せるという地球岬も、今日はすぐ近くにある灯台が見え隠れする程度の視程。

室蘭港に架かる白鳥大橋を望む。
IMG_4038.jpg
全長1380mという関東以北では最大のつり橋だが、関門橋や瀬戸大橋などと較べると、恐ろしく華奢なつくりで、見ていてちょっと不安になってくる。

今日の宿泊地は、無料で使える室蘭岳山麓総合公園にするつもりで、現地まで足を運ぶ。
しかしどういうわけか、どうにも気分が重くなってやめにしてしまい、急遽苫小牧に宿をとり、高速で来た道を戻る方向へ移動。
自分でもいったい何をしているのか分からなくなる。
18時にチェックイン。
サービス券があったので只だし、まあよしとしよう。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記13 北海道 78-107日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 98日目 7月30日(木)の旅日記 | ホーム | 96日目 7月28日(火)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。