九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 1/72 散香マークB 製作 11TOP > バンダイ1/72散香 > 1/72 散香マークB 製作 11

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

1/72 散香マークB 製作 11 2009.03.18

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用 Tag [散香] [模型] [スカイ・クロラ]
今回からはいよいよ、機体本体の塗装に入ろうかと思う。
こういう大掛かりな塗装というのは、先日のキャノピーのような細かい部分とは別の意味で緊張する。
ムラになったりしないかとか、塗装中に埃がつかないだろうかとか、うっかり指紋をつけてしまったらどうしようとか。
まあ単に小生が心配性なだけかもしれないけれど。

DSC03785.jpg
迷彩の吹き付けまで完了した状態。
先に塗装した機体下面はマスキングしてある。
またしても塗装開始直後の写真を撮り忘れてしまったため、いきなりある程度塗装が済んだ状態からの公開だが、やはり今回も作業を何段階かに分けて進めている。
塗装はすべてエアブラシによる吹き付けで、サーフェイサの後、機体下面、機体基本色、迷彩色、機体上面の順、つまりセオリーどおり明度の高い色から順に塗装していき、1色吹き付けるごとに、塗装を終えた面にマスキングを施していった。
要するに、色の濃い部分ほど塗り重ねられて、塗装が厚いことになる。
DSC03786.jpg
以前修正したインテークのバルジの継ぎ目。
インテーク上の塗り分けが特徴的で、こここもマスキングしてから塗装している。

実はこのような迷彩柄の吹き付け塗装というのは初めての経験で、なかなか思い通りに行かずに歯がゆい思いをした。
現在使用している0.3mmのエアブラシをぎりぎりまで絞って、何とか迷彩塗装を再現しようとしたものの、やはりスケールに見合った柄を描くのは難しい。
この時ばかりは0.2mmのブラシがあったらと感じた。
実は過去にも、欲しくて迷った時期があったのだけど、まあたぶん買ってもあまり出番はないだろう。
DSC03812.jpg
1パート塗り終えるごとにマスキングして、徐々に濃い色へ移っていく。
機体上面のこの色が、今回のラスト。

DSC03826.jpg
マスキングテープを剥がして今回の作業は完了。
そろそろゴールが見えてきたといったところ。







コメント(0) | トラックバック(0) | バンダイ1/72散香 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 1/72 散香マークB 製作 12 | ホーム | 1/72 散香マークB 製作 10 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。