九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 114日目 8月15日(土)の旅日記TOP > 旅日記14 東北・信越 108-118日目 > 114日目 8月15日(土)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

114日目 8月15日(土)の旅日記 2009.08.18

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離187km
本日の行程はこちら

05時起床。
晴れ時々曇り。
全般に雲が多めだったが、高層雲が主体で、雨が降りそうな気配はなかった。

夜半から朝にかけて、気温がさらに下がる。
朝起きたときは、空気の匂いが秋のものに感じられた。
北国では夏の暑さは盆あたりまでというが、この付近でも秋の足音がそろそろ聞こえ始めているらしい。
キャンプ場の近くの風力発電施設から朝日が昇る。
IMG_6283.jpg


隣に設営したライダー氏としばらく話し込んでしまい、行動開始は遅めの09時過ぎ。
出発して数百mで、鳥海山を望む好展望路へ突入。
ツーリングマップルには特段注意書きもないようなマイナーな道なのだが、草原と風車の向こうに鳥海山という絶景を目にすることができた。
IMG_6285.jpg

秋田県道32号を鳥海山方面へ走る。
この道も見晴らしの良い爽快な道だった。
IMG_6298.jpg
ただ時期柄交通量が多めなのは仕方ないところ。

県道58号へ分岐したあたりから、道は一車線になり、鬱蒼とした緑の中を走る山岳路に。
このあたりは、あがりこという伐採の傷跡が残るブナの樹が多い地区で、道の両脇にもたくさん見かけることができた。
なかでもあがりこ大王と呼ばれている、特に巨大な株が、登山道にひっそりと立っているらしいのだが、結局立ち寄るのを忘れてしまった。
巨樹関連の本で表紙を飾ったこともある樹だったし、ちょっともったいなかっただろうか。

県道131号、通称鳥海ブルーラインに入り、鳥海山を目指す。
奈曽の白滝を見学。
IMG_6318.jpg
落差26mとのことだが、水量が多くて迫力がある。
かなり離れたところまで水滴が飛んできていた。

鳥海ブルーラインは、しばらく田園の中を走った後、鳥海山の山肌を登る山岳路へ変貌。
しかし交通量はさらに増えて、車列に並んで1速と2速でのろのろと登っていくような状態。
確かに途中、日本海を眺めることができて、景色は良いものの、MT車では疲れる運転が続く。
道を登りきったところにある鉾立展望台が、鳥海山を望む絶好の眺望スポットらしいのだが、駐車場はすでに満車で、道路にまで駐車待ちと路駐の車があふれかえっている有様だった。
とても順番待ちに加わる気は起きなかったので、そのまま山形県側へ下ることに。
結局、前の車に続いて延々ウネウネ道を登って、そのまま降りてきただけという、いったい何をしているのか分からない行程になってしまった。
ただ鳥海ブルーラインは、混んでさえいなければ、眺めは良いし道幅は十分だしで、相当レベルの高いワインディングロードなのは確か。

酒田市街地を迂回する形で、国道345号を南に進み、羽黒山を目指す。
長閑な田園風景の中を行く快適な道。
北海道のように、牧草地の中をひたすらまっすぐに走り続ける道も良いけれど、こういういかにも本州的な道をのんびり走るのも悪くない。
国道から、田んぼの真ん中にあった風力発電施設を眺める。
IMG_6323.jpg

13時43分、羽黒山到着。
ここも駐車場が一杯の状態だったが、運良く空きを見つけて停めることができた。
目当は国宝の五重塔と爺杉。
参道は数百段の石段で、人ごみの中を入り口からゆっくりと下っていった。

爺杉と五重塔。
IMG_6342.jpg
爺杉は幹周囲8.5mで、まっすぐに上に伸びた樹形がいかにも杉らしい。

五重塔は1372年の建立で国宝。
IMG_6365.jpg

IMG_6361.jpg


あまりにも人が多いので、参拝はやめにして、五重塔で引き返す。
先ほど下ってきた石段を今度は登らなければならない。
IMG_6370.jpg

湿度が高めのためかシダや苔がよく育つようで、あたりは綺麗な緑色。
IMG_6373.jpg

湯田川温泉にある共同湯、正面湯に入っていく。
IMG_6378.jpg
小さな湯船がひとつあるだけの風呂だが、湯量が豊富で完全にかけ流し状態。
入湯料200円。

湯田川温泉のすぐ近くに、熊野神社の大杉という杉があるらしいので、ついでに立ち寄ってみることにした。
これが想像以上にすごい樹で、杉としては珍しい国指定天然記念物だった。
相当にマイナーなようで、先の羽黒山とは打って変わって、他に訪れる人もなく、普段からあまり人が近づかない様子だった。
うねるような幹が荒々しい印象を与える。
IMG_6408.jpg

上の方の枝には着生植物をいくつも茂らせていた。
IMG_6416.jpg

大杉は熊野神社の小さな社殿の背後に聳えている。
IMG_6424.jpg

熊野神社の参道。
IMG_6430.jpg
薄暗い石段に丹塗りの鳥居が目立つ、和製ホラーっぽい印象。

今日は八森山の山中にあるスキー場(当然休業中)にテントを張らせてもらって宿泊。
無料のうえ、完全に独り。
このところ人の多いキャンプ場ばかり使っていたので、虫の声を聞きながら眠るのは久しぶり。
明日は新潟市街にまで足を伸ばす予定。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記14 東北・信越 108-118日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 115日目 8月16日(日)の旅日記 | ホーム | 113日目 8月14日(金)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。