九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 116日目 8月17日(月)の旅日記TOP > 旅日記14 東北・信越 108-118日目 > 116日目 8月17日(月)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

116日目 8月17日(月)の旅日記 2009.08.20

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離15km
新潟市内のみの移動のためログは取らず。

05時起床。
晴れ。
今日は移動はせずに、新潟に留まる。
朝起きてから午前中一杯は、宿の高速回線を使って、ブログの記事作成とファイルのアップロードを行った。

昼ごろから自転車を引っぱりだして、新潟の市街地を散策してみることに。
街中には結構古い建物が残っていた。
IMG_6596.jpg
古い民家を改装したらしい妻有という料亭。
外からでは、営業しているのかわからない状態だったが、食べログでの評価は高いようだ。



こちらは事前にチェックしておいた金井文化財館。
IMG_6599.jpg
もともとは写真家、金井彌一が写真館として建てたもので、明治20年(1887)という古い洋風建築。
設計は、旧米沢高等工業学校本館で知られる中島泉次郎。
残念ながら現在は内部の見学はできないようだ。

少し足を伸ばして、新潟駅周辺を見てまわる。
ビックカメラが目に付いたので、ちょっと覗いてみることに。
小生はカメラのレンズにフィルタを使っているせいで、純正のキャップの据わりがいまいちよろしくない。
それでフィルタに合うレンズキャップが欲しくて探してみたのだが、どうやら店頭には置いていないようだった。

それはそうと、この手の家電量販店に来るといつも店員が「ィラッシャイマセッエエエ」と奇声を発していて、居心地が悪いことこの上ない。
きっと異なる文化圏の人間が見たら、虚空に向かって大声をはり上げるその姿は、土俗的宗教儀式だと勘違いされてもおかしくないだろう。
誰もいない空間に向かって挨拶をするなど、元気があるというよりも、むしろ異常な行為にしか思えないのだけど。
まあ小生は、そういう人がいる場所にはあまり足を踏み入れたくないので、買い物はかなりの部分ネットに頼るようになってしまった。
同じ理由でネット通販を利用している人って結構いるのでは。

ジュンク堂でまた本を幾つか購入。
読む時間が取れるかどうか。

新潟市立中央図書館、通称ほんぽーとを見学。
IMG_6614.jpg

IMG_6616.jpg

IMG_6618.jpg

2007年に新しくなったらしく、建物もまだ綺麗な状態だった。
ちなみに左手のガラスの円柱形の部分は、カフェになっている。

内部は天窓による間接採光があり、明るく開放的な雰囲気だった。
児童室は1階の入り口近く。
文庫・新書コーナー、新聞、雑誌も1階。

配架は、全般に利用頻度の高いものから、1階の入り口付近に並べているようで、新着図書の他、「文学」、「芸術」、「旅行・地図」と「くらし」がこれにあたる。
「くらし」は49と52、59をまとめたもので、ちょっと特徴的な配置だと思った。
県立図書館をメインで見てきたせいか、小生の中では49はかなり専門的な内容の書籍という印象があったのだけど。

他の分野の本は、2階に配架されているようだった。
こちらは本棚が高めで、一番上の本へは手を伸ばさないと届かないのが少し気になるところ。
2階には他に、ビジネス支援コーナー、参考図書、地域資料、AVコーナー、ティーンズコーナーなどが設けられていた。

ほんぽーとを後にして宿へと引き返す。
途中メロンブックスに立ち寄る。
しかし期待していた「うみねこのなく頃に」の新作の他、チェックしておいた夏コミの新刊はすでに売り切れで手に入らず。
なんだかもう反動で、目に付いたうどんげおっぱいマウスパッドを衝動買いしそうになったが、すんでのところで踏みとどまった。
理性の辛勝。
あぶないあぶない。
前にパチュさんのを作ったのと同じサークルだろうか。

明日は新潟県立図書館を見学の予定。



コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記14 東北・信越 108-118日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 117日目 8月18日(火)の旅日記 | ホーム | 115日目 8月16日(日)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。