九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 最終日 138日目 9月8日(火)の旅日記TOP > 旅日記16 甲信・東海 134-138日目 > 最終日 138日目 9月8日(火)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

最終日 138日目 9月8日(火)の旅日記 2009.09.11

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離351km
本日の行程はこちら(浜松まで)

05時起床。
若干雲が多めなものの、まあ晴れといってよいくらいの天候。

今日は御前崎あたりまで進むつもりだった。
朝食を済ませて8時34分、宿を出発。

甲府市街から国道358号で南下。
ちょっとペースを上げると、前を走る大型車に追いついてつかえてしまうので、のんびりとスローペースで進む。

途中わき道にそれて、富士五湖の精進湖と本栖湖をぐるりと一周してみた。
どちらも交通量が少なく快適な道。

本栖湖西側の湖畔から富士山を眺める。
IMG_8739.jpg
以前の五千円札に書かれていた鏡富士は、ここからの景色らしい。
ただ夏の気候で湿度が高いせいか、富士山には雲が掛かってしまっていた。
きっと冬の朝一番ならば綺麗に見えるだろう。

富士山の西側、朝霧高原を、国道139号と県道75号で南下し続ける。
途中休憩に立ち寄ったミルクランドでジェラートを食べた。
IMG_8741.jpg
バニラとラムレーズンのダブルで。
ミルクの味わいが濃厚でおいしい。

すぐ近くにある名勝地、白糸の滝を見学。
白糸というのは滝の形容としてはよくあるもので、実は白糸の滝と呼ばれる滝は全国に数多あるのだけれど、一番有名なのがこの富士宮の白糸の滝だろう。
川が流れ落ちているのではなく、富士の雪解け水が断層から湧き出して滝になっているそうで、高さ20mに対して幅が200mもある。
IMG_8749.jpg

IMG_8758.jpg

IMG_8759.jpg

この時までは曇りがちの天気だったのに、急に日が差して明るくなってきた。
ダイナミックレンジの狭いデジカメでは、すぐに白飛びしてしまって厳しい状況に。
曇って欲しいときに限って、何故か晴れるんだよねぇ。

国道52号でさらに南下を続けて、静岡市方面へ。
13時には静岡県立中央図書館へ到着。
とはいっても現在図書館は、建物の耐震補強工事の真っ最中で、長期閉館が続いている状態。
中には入れないので、やむなく建物の外側だけの見学で済ませることにした。
IMG_8790.jpg

IMG_8791.jpg
まあ静岡はお隣だし、工事が終わったらまた見学に来よう。

県立図書館を後にして、静岡市から西へ向かう。
某鉄道の某所を見学。
ここには蒸気機関車のC12が、引き込み線上に朽ちるに任せて放置されていた。
IMG_8824.jpg

IMG_8814.jpg

IMG_8825.jpg

IMG_8813.jpg

C12といえば、小樽市総合博物館でも展示されていた個体を見かけている。
また、先日清里駅で見学したC56の原形となった機関車でもあり、タンク式のC12をテンダー式に仕様変更したのがC56と言える。
このC12も、共通部品の多いC56の補修のための部品取りとして、ここに運ばれてきたようだ。
調べたところによると、すでに補修するC56にボイラーを譲ったため、現在のボイラーはもともとC56に載っていたものらしい。

C12の後ろ、台車に載せられて並んでいたのが、小さくて可愛らしい機関車。
IMG_8809.jpg
日本陸軍鉄道連隊E形という機関車で、相当古いものらしい。
こちらは修理のために運ばれてきたようで、申し訳程度ながらシートがかぶせられていた。

その後は太平洋沿岸を目指して御前崎へ。
波打ち際を走る県道357号から、御前崎灯台を望む。
IMG_8834.jpg

IMG_8844.jpg

時刻は17時過ぎ。
日が傾き始めている。
太平洋というと穏やかな海という印象があったのだけど、ここの波は結構荒いようだ。
IMG_8846.jpg

本来ならばこのあたりの駐車場で車内泊のつもりだったのだが、予想以上に蒸し暑いし、風が強く、吹き上げられた海水が車に掛かるような状態だったので、急遽、一気に家まで戻ってしまうことにした。
ここから家までは、せいぜい100kmちょっとなので、それほど遅くならずに帰れるはず。

国道150号を使って西へ移動。
この道を走るのは初めてだったけれど、ツーリングマップルに書いてある通りの、単調で面白みのない道だった。
延々前の車についていくだけ。

天竜川の河口付近にある八扇の湯という温泉施設に立ち寄るつもりだったのだが、定休日。
仕方なく、そのまま国道1号へ出て、一気に愛知県を目指す。
DSCN0139.jpg

しかしこの国道1号線は、何度走っても慣れることができない。
今日も大型車に煽られて非常に恐ろしい思いをした。
結局その大型車は、小生が赤信号で停まっている時に、右折レーンから信号を無視して追い越していった。
まあ大型車が赤信号でも停まらないのは、国道1号や23号あたりではよくあること。
やはりなるべくこれらの道を通らないように気をつけたいものだ。

そんなこんなで21時24分、無事家に帰ることができた。
しかし、静岡から愛知にかけての暑さは、他の地域と較べてもつくづく異常だと思う。
小生の部屋の温度計は、21時30分の段階で、33度を示していた。
DSC05263.jpg
愛知では9月はまだまだ夏の内。

「ただいま」
IMG_7681.jpg
「おかえりなさい…
な、なによ!連絡もよこさないで!
ちょ…勘違いしないでよ!
べ、別にあんたの心配なんてしてなかったんだからね!」

「まあまあ。
無事に帰って来れたんだから、まずは乾杯を」
IMG_8892.jpg

旅の結果はこちら
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記16 甲信・東海 134-138日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 旅の始末 1 ルート編 | ホーム | 137日目 9月7日(月)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。