九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 旅の始末 1 ルート編TOP > 旅日記後記 旅の始末 > 旅の始末 1 ルート編

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

旅の始末 1 ルート編 2009.09.15

テーマ:日本一周 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
今回からは、旅のまとめについて報告していきたいと思う。

第1回は、かかった時間と走行距離、ルートについて。

日数 138日間 (4月11日から6月5日、6月19日から9月8日)
走行距離 20868km (6月6日から18日の走行距離を除く)

すべての実走ルートについては、こちらの地図を参照
s-mapall80-2.jpg
500kbのjpg ナローの方は注意

一目見てもらえば分かるかと思うけれど、非常に無駄の多いルートだ。
沿岸部を一周するわけでもなく、県庁所在地を最短で結ぶわけでもなく、あっちへふらふら、こっちへふらふらしている。
どんだけ長野好きなんだよ、とか足摺岬のこともたまには思い出してあげてください、というツッコミが聞こえてきそう。

ふつう、日本一周に必要な走行距離はだいたい13000km程度だと言われているから、20000km以上走った小生の行程が、いかに無駄が多いか伺えるだろう。
これが先の記事でも少し触れた、「日本一周」という言葉を使うことへの躊躇いの一因で、目的意識もなしに、単にあちこち放浪していただけと言えなくもない。
まあそれでも、日本本土の最端と、47都道府県立図書館を全て訪問したので、結果的に「日本一周」と言ってもあながち間違いではないかなと思ったので、使ってみた次第。

そもそも小生は「日本一周」という言葉の持つ、不自由さがどうも好きになれない。
先に「日本一周する」と宣言してしまったら、ルートは円環状に一周しなければならないとか、全ての県庁を訪問しなければならないなど、計画段階でかなり制約があっただろう。
あくまで小生の旅のコンセプトは、「行きたいところへ行き、見たいものを見る、可能な限りまったりと」であり、挑戦とか達成とかいう言葉とはなるべく無縁の地平を目指したつもりだ。
…胸を張っていえることでは、全然ないけれど。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記後記 旅の始末 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 旅の始末 2 最端・高所編 | ホーム | 最終日 138日目 9月8日(火)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。