九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > ら・けいこ東片端店@名古屋市東区TOP > 名古屋市 > ら・けいこ東片端店@名古屋市東区

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

ら・けいこ東片端店@名古屋市東区 2009.03.22

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [つけ麺] [名古屋市]
20日の夕食は東区東片端のら・けいこへ。
前回岐阜のこのお店で食べてからまだ一週間も経っていないというのに、またしてもがっつり食べたくなってしまったのだ。
二郎系は病みつきになるというけれど、自分でもすでに重篤な症状だと思う。

さて、ら・けいこといえば、平日はいつも行列の絶えない結構な有名店なのだが、今日は祝日ということで事前に混み具合が予想できなかった。
並ぶのを覚悟でお店の前まで行ってみると、意外なことにお客さんは店内に数人いるだけ。
食券を買って、すぐにカウンターにつくことができた。
平日昼間など、まるで戦場のごとき様相を呈するこのお店だが、落ち着いて食べたいなら、案外祝日の夜がねらい目かもしれない。 今回頼んだのは「k麺の親子盛りソバ」。
k麺さんといえば、小生などが説明するまでも無い、東海地区ラーメン界の重鎮だが、その方が監修に加わっているのかどうかは不明。
盛りソバ(つけ麺)に、器からはみ出さんばかりの唐揚げと卵焼きがトッピングされた一杯で、見た目のインパクトはなかなかのものだ。
なおこのお店は撮影禁止なので、その姿を写真でお見せできないのが残念。

つけ汁は魚介系の香りが強く、適度な酸味と甘味がある。
ただスープに浮いた背脂と辛味がアクセントにはなっているものの、想像していたほどのこってり感でもなかった。
これに組み合わされるのが極太の縮れ麺で、冷水で締められてつやつやと輝いている。
もちろん見た目だけではなく、歯ごたえ、のど越しも抜群で、いったん食べ始めたら箸が止まらなくなってしまう。
この麺は、小生が今まで食べ歩いてきた、すべてのラーメンの中でも出色の出来だと思う。
トッピングの唐揚げはニンニクがしっかりと効いていて、この丼にワイルドさを加えている。
卵焼きのほうは対照的に、ふんわりとした食感とやさしい味わいで、箸休めとしては丁度いいと思う。

麺量450gというと普通のラーメンの実に3杯分だが、そんな量の麺が、普段小食な小生の胃の腑にすっぽりと収まってしまったという事実が恐ろしい。
ら・けいこといえば、とかくギトギトの豚骨醤油で刺々しい味、という印象があったものの、今回の一杯はそんな暴力的なイメージは控えめで、普通にするすると食べることができた。
ただ、一般的なつけ麺としてみたら、ハイレベルでバランスよくまとまっているし、これなら安心して人に薦められるとは思うものの、ら・けいこらしさというかマニア度は低めだったと思う。
前はもっとどぎつい味だったような気がしたのだけど。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★

ら・けいこ東片端店(お店の場所はこちら)
11:00-14:00 17:30-21:30
日曜定休

コメント(0) | トラックバック(0) | 名古屋市 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 1/72 散香マークB 製作 14 | ホーム | 路地裏の彼女 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。