九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > ビート退院TOP > 旅日記後記 旅の始末 > ビート退院

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

ビート退院 2009.10.19

テーマ:日本一周 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
7月の北海道での事故のために入院していたビートが、先日やっと退院することができたのでご報告。
あれやこれやで結局1ヶ月近い入院期間となってしまったものの、無事に新しいドアとミラーに交換してもらうことができた。

b15.jpg

これでもう、あの痛々しい瑕を見ないで済むかと思うとやっと一安心。
ただ、ドアロックモーターの移設だけは、どうやら完璧にはいかなかったようで、ときどき不審な挙動をするようになってしまった。
おそらくモーターの取り付け位置とロッドの角度の問題だと思われるので、また調整しなおさなければ。



それからビートネタをもうひとつ。
今回一宮までビートを迎えに行く途中に、最近できたというナディアパークのジュンク堂へ立ち寄ってみることにした。
品揃えは事前情報どおりの充実ぶりで、散々迷ったすえに、以前から気になっていたネコパブリッシングの「エンスー天国2巻」を購入。
エンスーと名のつくものは大抵そうなのだけど、この本もまた期待を裏切らない濃ゆい内容だった。
ただ小生のようにそれほど詳しくない人でもとっつきやすいのは、コミックの利点だと思う。

b16.jpg

目当ては、この号に載っている平成ABCトリオの擬人化漫画。
車好きならば一度くらいは自分の愛車を擬人化して妄想するものだけど(え自分だけ?)、この作品にでてくる3車種もよく特徴を捉えられていると思う。
ビートについて言えば、実はイタリアの血が流れているとか(ピニンファリーナデザイン)、声が官能的(フォーミュラマシンをイメージして排気音をチューニングしてある)といったキャラクター造形から、ローバーのMG-Fにテールランプをパクられたネタ(そもそも元を正せばビートのはS800へのオマージュ)なども盛り込まれていて結構マニアック。
擬人化ビートのキャラクターデザインには違和感があるけれど、まあこれは小生の思い入れが強いせいだろう。
スーパースターにあこがれるAZ-1や、まじめな委員長タイプのカプチーノなんかは、ああわかるわかると納得してしまった。
他の作品もなかなか楽しめたので、次号もまた買ってみてもよいかもしれない。

そういえば、この本の表紙を描いている山本マサユキ氏のコミックにも、ビートを乗り回すメイドさんの話があったのを思い出した。
あとでちょっと書棚を探して確認してみよう。

それにしても、今回自宅から一宮までの75kmを自転車で走ったら、くたくたになってしまった。
昔は奥矢作まで一日で往復160kmを走破したこともあるのに、体力落ちたなぁ…
コメント(2) | トラックバック(0) | 旅日記後記 旅の始末 | 編集

コメント

ビート退院おめでとうございます。

傷も無くなりまた綺麗になって帰ってきたようで安心しました。

自分の自転車がたぶんAZ1みたいな感じですよー
体重が重い俺と14kgの学校教材の詰まったバックを積んで行ってるので既にリアに重みが…
荷台にバックを乗せると「曲がらん」「止まらん」と散々なので嫌ですが籠に入れてますw

75km?
いやぁ遠いですなぁ…

2009.10.19 | URL | 元禄V8 #wLMIWoss [ 編集 ]

Re: タイトルなし

いつもコメントありがとうございます。
14kgの教材って…
すでに、うちの自転車よりも重いですよそれ。

自転車は操作性が落ちると危険なので、お互い気をつけましょう。
すでに3回、自転車ごと車に吹っ飛ばされた経験のある九曜でした。

2009.10.20 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 旅の支度 6 お米の炊き方編 | ホーム | 旅の支度 5 クッカー編 ツアラープラス 他 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。