九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 1/72 散香マークB 製作 14TOP > バンダイ1/72散香 > 1/72 散香マークB 製作 14

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

1/72 散香マークB 製作 14 2009.03.23

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用 Tag [模型] [散香] [スカイ・クロラ]
もういいかげんデカール貼りにもうんざりしてきたので、さっさと片付けてしまうことにする。
幸い今までの識別帯みたいに、曲面に貼ったりするようなアクロバティックな技術を要求される部分はもう無いので、作業を慎重に進めさえすれば、失敗することは無かった。
DSC03971.jpg


ただ、やはりデカールの定着性はいまいちで、塗装面には光沢をある程度残しておいたにもかかわらず、気泡が入ってしまったり、乾燥後に剥がれそうになった部分もあって、なかなか一筋縄ではいかなかった。
剥がれそうになった部分については、木工用ボンド(酢酸エマルジョン系)を水に薄めたものを、定着面に筆塗りしてから再度貼りなおしている。
DSC03976.jpg
これはトップコートを吹き付ける前。よく見ると定着が完全ではなく、若干空気が入り込んでいる。

ひととおり乾燥させた後は、以前作っておいたトップコートを吹き付けてデカール貼りは完了。
これによってデカールの剥がれ落ちを防ぐとともに、塗装面との光沢の差を整えることで違和感を無くすことができる。

で、後はやり残した細かい塗装を筆塗りした。
垂直尾翼と主翼の翼端灯はラッカー系のシルバーを塗った後に、エナメル系のクリアグリーンとクリアレッドをそれぞれ重ね塗りしている。
DSC03921.jpg

そういえばこの翼端灯の部分、よくクリアパーツのランナーから加工して自作している作例を見かけるのだけど、小生はいまだに試したことがない。
結構メジャーなディティールアップなので、意外に難易度は高くないのかなとも想像するけど、なんというか翼にナイフを入れて切り取るという行為が、失敗したら後戻りできなさそうで怖いのだ。
まあ挑戦する機会があるなら、まずは1/48あたりで試してみたいと思う。

さていよいよ完成間近。
次回の墨入れとウェザリングで、製作記は最後としたい。


コメント(0) | トラックバック(0) | バンダイ1/72散香 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 1/72 散香マークB 製作 15 | ホーム | ら・けいこ東片端店@名古屋市東区 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。