九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 地元の銭湯 龍城温泉TOP > 日ごろ見かけたもの > 地元の銭湯 龍城温泉

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

地元の銭湯 龍城温泉 2009.12.26

テーマ:銭湯・温泉・健康ランド - ジャンル:地域情報 Tag [三河地区] [岡崎市] [銭湯]
古くて味のある銭湯というのは、探してみると案外近所にあったりするものだ。
今回紹介する龍城温泉も、小生の普段の生活圏内にあり、足を運ぶこと今までに数回。
場所は岡崎市の新しい図書館りぶらから徒歩数分の距離に位置し、国道1号線北側の住宅街にひっそりと佇んでいる。
小生はりぶらに行く時には、いっしょに龍城温泉にも立ち寄る、という組み合わせで利用している。

これが龍城温泉の外観。
IMG_9988.jpg
破風の乗っかった、いわゆる銭湯らしい銭湯の建物ではないけれど、じつに古色蒼然とした趣がある。
入り口に置かれた現代の自販機が場違いに感じられるほど、色濃く残っている大正・昭和の匂い。
モノクロ写真のほうが、しっくりくるかもしれない。

IMG_0468.jpg
本屋は木造、煙突の基部はレンガ積みになっていた。

建物と同じく年代モノの看板。
IMG_9965_20091225201240.jpg
じつは、同じような形の看板を他の銭湯でも見かけたことがある。
銭湯の看板を何件も請け負っていたメーカーがあったのだろうか。

のれんはやっぱり牛乳石鹸。
IMG_9987.jpg
左が女湯、右が男湯。

内部も期待を裏切らない鄙びっぷりで、この建物だけ時が止まったかのような雰囲気。
IMG_0478.jpg
近代的な図書館のりぶらからわずか徒歩数分の距離に、取り残された昭和が今もなお息づいている。
まるで「テルマエ・ロマエ」第1話に登場した銭湯そのままの脱衣所だ。
入湯料は360円。
3400円の十枚つづり回数券を買おうか悩んでしまう。

とくに目を引いたのが、一部の銭湯マニアには有名な、このロッカー。
IMG_9971.jpg
ひとつひとつ、扉に商店の広告が描かれている。
きっとどの店も、すでに現存していないだろう。

IMG_0503.jpg
ロッカーの鍵は金属製のものに付け替えられているけれど、扉の裏側には木製の落とし錠の跡が残っていた。
これは古い形式の錠で、扉の穴からL字型の金具を差し入れて錠を持ち上げると、ロックが解除される、という仕組みらしい。

浴室入り口。
IMG_9974.jpg
定員は48人とのこと。
現在は閑散としているが、かつては満員になることもあったのだろうか。

浴室。
IMG_9979.jpg
手前が主浴槽で、奥は薬浴槽と電気風呂。

浴槽の蛇口。
IMG_0490.jpg
細かいタイルがまた古めかしい。
そういえば、祖父の家の改修前の風呂がこんなタイル張りだった気がする。

壁側の洗い場のカラン。
IMG_0485_20091225205752.jpg
真鍮製の年代モノで、「ゆ」「水」と刻印されている。
仕切り側にある鶴マークの入ったカラン(大和高田の中央温泉と同じもの)よりも古いと思う。
独特の形をしたタイルは繊細な模様を描いている。

最後に、脱衣所で飼われている龍城温泉のマスコットキャラクター、アフリカツメガエル。
IMG_9982_20091225204302.jpg
かわいい。
カエル好きの小生としては非常に好印象なのだが、それでも疑問を感じずにはいられない。
なぜにアフリカツメガエルなのか?
ちなみに冬季には、保温のため水槽に発泡スチロールが貼り付けられる。

龍城温泉は、流行に乗った懐古調やこぎれいなレトロモダンとは違う、歴史を積み重ねてきた本物だけが発するオーラをまとっている。
この先どう時代が変わろうとも、これまでどおり昭和のままの姿で突き抜けていって欲しいと思う。

コメント(6) | トラックバック(0) | 日ごろ見かけたもの | 編集

コメント

古い!

自販機あるのはいいじゃないですか!
自分はそういう所にちょっと年代がずれてるものがあるのが好きです。
この自販機があるからその銭湯の古さ、時代と逆行しているのが
出ているのがいいんですよね…

市内にもありますがまだ行った事がないので一度は
行っておこうと思います。

2009.12.26 | URL | 元禄V8 #YqzQT8Bs [ 編集 ]

Re: タイトルなし

なるほど、自販機についてはそういう考え方もありますか。
個人的にはこの手の銭湯だと、風呂上りに番台のおばちゃんに言って牛乳買うのがデフォだと思っていたもので…

銭湯はここ数年、ものすごい勢いで廃業していってますから、足を運ぶなら今のうちですよ。
最近の日帰り温泉施設と違って、安い分、基本的に石鹸持参ですのでお忘れなく。

2009.12.27 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]

渋い、渋すぎる!

お久しぶりです。

この銭湯、妻の実家のすぐそばです。
こんな渋い銭湯がすぐそばにあったとは全く知りませんでした。
今度行ってみます。
西尾の宝石強盗のニュースより驚きました。

2009.12.27 | URL | やま4 #- [ 編集 ]

Re: 渋い、渋すぎる!

こんばんは。
龍城温泉は、大通りには看板も出てませんし駐車場も無いので、一般には知名度は低いでしょうね。
ほんとうにひっそりと建っているという感じです。
雰囲気から行っても、一見さんにはちょっと敷居が高い銭湯かもしれません。

2009.12.28 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]

お久しぶりです!

どうも、御無沙汰してます。
岡崎は、岡崎公園にある龍城神社に数回訪れたことがあります。
昨年、知り合いの方がそこで結婚式をされたみたいです。
以上です(笑)

2010.01.12 | URL | たか #PSmGTQko [ 編集 ]

Re: お久しぶりです!

おひさしぶりです。

龍城というのはもともと岡崎城の古名で、この周辺には龍城の名を冠する施設がいくつかあります。
龍城神社は家族が車のお払いをしてもらいましたし、桜の名所としても有名ですね。
しかし考えてみたら、岡崎城には登ったことが無いので、機会があったらまた足を運んでみたいと思います。

2010.01.13 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 旅の支度 14 PC編 Aspire one AOA150 | ホーム | 大阪行きで見てきたもの 4 帰りみち »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。