九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 新型のカメラを触ってきた EOS kiss X4TOP > その他 > 新型のカメラを触ってきた EOS kiss X4

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

新型のカメラを触ってきた EOS kiss X4 2010.02.18

テーマ:キスデジX - ジャンル:写真 Tag [カメラ]
小生が現在使っているカメラ、EOS kiss Digital X(KDX)の新型がもうじき出るらしい。
今度の新型はEOS kiss X4、つまりXシリーズの4代目ということだから、小生の初代KDXから見れば実に3世代分も新しい機種ということになる。
デジタル機器の進歩は早いというけれど、小生がKDXを入手してからのたった2年間で3世代、まさに隔世の感といったところ。
ちょっと気になる機種だったので、名古屋へ出かけたついでにキヤノンのサービスセンターに立ち寄り、先行展示機を触ってくることにした。

公開されているEOS kiss X4(以下X4)のスペックは、KDXと比較すると以下のとおり(左側の値がKDX)

有効画素数 : 1010万 → 1800万画素
撮像素子 : ともにAPS-CサイズのCMOS
動画撮影 : なし → 1920x1080フルHD30p
ライブビュー撮影 : なし → 可
液晶 : 2.5インチ23万画素 → 3インチ104万画素
記録メディア : CF → SD系(SD/SDHC/SDXC)
本体重量 : 510g → 475g

DSC05749.jpg

X4の外見は、「なで肩」というか、全体的に緩やかな丸みを帯びた形をしている。
デザインの方向性としては、KDXや50Dよりも、7Dや5Dmk2に近いかもしれない。
サイズはずっと小さいけれど。

実際手にしてみると、グリップから親指ポジションにかけてラバーコートされ、質感がKDXよりも格段に向上しているのが分かった。
重量が軽くなったせいか、本体の小ささにもかかわらず指がすべりにくく、ホールド感はかなりのものだと思う。
この点は期待以上だった。

ファインダーはKDXよりもちょっと見やすい程度。
たぶんX2あたりから変わっていないと思う。
じつは最初にX4の発表があったときに、公式サイトにペンタプリズム採用と書かれていて、おぉ、と思ってちょっと期待したのだけど、のちにこれは誤表記だと判明した。
正しくはペンタダハミラーのまま変わらず。
KDXシリーズは、多機能化、高画素化よりもまず先に、ファインダーを見やすくしてほしいと思うのは小生だけだろうか。
せめて他社ライバル機程度には…

動画撮影機能は、なかなか面白そう。
このX4に明るい単焦点レンズを装着して、フルHDで車載動画に使ったらすごい映像が撮れそうだ。
CMOSなら画面に光源が入り込んでもセンサーの特性上スミアも発生しないし、レンズにPLフィルターを装着すれば路面の照り返しも抑えられるだろう。
もっとも小生のPC環境では、フルHD動画なんて編集はおろか再生すらおぼつかないので、カメラより先にPCの方をなんとかしないといけないわけだが。

背面の液晶は、今回実機に触れてみて一番進化を実感した点。
3インチ104万画素というのはとにかく高精細できれい。
日光の下での視認性は確認していないけれど、コーティングも施されているし、KDXよりはるかに見やすいはず。

いっぽうセンサーの1800万画素という画素数については、あちこちで喧々囂々、議論百出しているようだ。
高画素化の弊害として、ノイズ特性の悪化だとかレスポンスの低下だとか、いろいろ批判されているけれど、実際に撮影してデータを比較したわけでもないし、専門的なことは小生にはよくわからない。
ただ小生としては、そもそも1800万画素の使いどころが思いつかない、というのが正直なところ。
だいたいフルHDのハイビジョンディスプレイの解像度ですら1920x1080=2073600で、200万画素くらいしかないのに、そんな画素数をいったいどこに使うというのだろう。
たしかに撮影した画像の一部を切り出したり編集する分には、画素数が多いほうが便利なのはわかるけれど、それにしたところで1800万画素は大げさな気がする。
展示用の大型パネルに印刷するときくらいしか、活用できるシチュエーションを思いつかないけれど、そうすると今度はそれほどの解像性能をもったレンズがあるのかという議論にもつながるし…
(kissユーザーに赤ハチマキを揃えろと?)
まあ、小生としてはこの1800万画素については、やっぱりよくわかりません、としか言いようがない。
ただRAW撮影時のサイズが最大画素数しか選択できないのは、明らかに問題だと思う。
上位機種のように、小さいサイズでのRAW撮影もできるようにすべきだろう。

X4は、KDXにはない機能も実装されているし、本体も軽くてホールド性も高く使い勝手はよさそう。
実際に手にしてみると、話だけを聞いて想像していたよりもずっといいカメラだと感じた。
ただ、KDXでの一番の不満点だったファインダーはたいして変わっていないし、1800万画素という高画素化も必要なのかどうかいまいち疑問。
まあ個人的には小型かつそれなりの機能と操作性を併せもつカメラが理想なので、次の60Dが、D90やK-7あたりのサイズまでコンパクト化してくれることに期待したい。
そうこういっているうちにX4が値下がりしてきて、うっかり手を出してしまいそうなのだけど…

DSC05752.jpg



コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 編集

コメント

お久しぶりです。

新型カメラですか。
なんと!そこまで進化するとは。。。
デジタル機器の進化は凄いですね。

んー、自分はそこまで画素数が大きいのを使ったことがないので文章を読んだなりに解釈すると。
もうプロ用の枠超えてるよwwwとしか…
よく編集する方にはRAWが高い設定でいいかもしれませんがどうなんでしょうか?

2010.02.18 | URL | 元禄V8 #wLMIWoss [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

プロ向けの最新機種である1Dmk4が、一回り大きいサイズのセンサーに1610万画素という点を考えると、入門機のX4の1800万画素は、ちょっと?という気もします。
で、無駄な高画素化を初心者にアピールして釣っている、というような批判が出てるわけですよ。

RAWはファイルサイズがjpgよりもずっと巨大ですし、やはり画素数を選択できないと、使い勝手が悪くて仕方ないと思うのですが…
自分自身にしても、X4が手元にあったところで、やはり1800万画素なんて使わないでしょうし…。

2010.02.18 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 映画見てきた 涼宮ハルヒの消失劇場版 | ホーム | 旅の支度 16 持ち物一覧 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。