九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 映画見てきた 涼宮ハルヒの消失劇場版TOP > その他 > 映画見てきた 涼宮ハルヒの消失劇場版

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

映画見てきた 涼宮ハルヒの消失劇場版 2010.02.22

テーマ:涼宮ハルヒの消失 - ジャンル:映画 Tag [映画]
べつに妹が死んだわけではないけれど、久しぶりに映画を見てきた。
わざわざ映画館まで足を運んで見るのは、昨年6月のヱヴァンゲリヲン破以来だろうか。
タイトルは、そちらの界隈で結構話題になっている涼宮ハルヒの消失。

以前fate/stay nightを見に名古屋まで足を運んだときには、すでに最終上映分まで全て満席で断念した、という苦い経験があったので、今回は午前中にあらかじめ席の予約を入れておくことにした。
しかし、混み具合は思っていたほどではなく、平日夜の上映回で、8割くらいの席が埋まっていただけ。
ちょっと肩透かしを食らったかたちだ。

IMG_1829.jpg

作品の出来は前評判どおりで、2時間半を越える長尺ながら、最後まで緊張感を保った展開というのはさすがだった。
テレビ版を見た人ならば、間違いなく楽しめるはず。
なんというか「長門は俺の…」というフレーズが自然に胸に浮かんでくるほど、長門の魅力満載の作品だった。
もう長門が愛おしすぎて、現し世に生きるわが身が辛くなってくるくらい。

やはりなんといっても、物静かな文学少女との図書館での出会い、という改変後の設定がツボだろう。
というか長門をほったらかして、カウンターであわただしくしている司書の姿をみると、経験上思い当たる節が無いわけではないだけに、本気で悲しくなってしまう。
まあ個人情報がダダ漏れだった「耳をすませば」の図書館描写よりはマシだろうけれど。

もう一度見に行きたいくらい良い作品だったのだが、上映館が愛知県でも名古屋1館だけというのがネック。
ちょっと気軽に見に行ける状態ではないし、できれば岡崎あたりでも上映してもらいたいものだ。
上映館のない県が多いことを考えると、贅沢な望みかもしれないが…。

あんまりにも長門が可愛かったので、この機会に1/700フルハル長門を組み立ててみようかな(長門が違う!)






コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 編集

コメント

おおおお
映画見に行ったんですか!
長門が可愛いだと…?
ぜひ見に行きたいとこなんですが山口は確かやってないはず…

長門違いwww1/700なんて言わず1/350にしちゃいましょうよww

2010.02.22 | URL | 元禄V8 #wLMIWoss [ 編集 ]

Re: タイトルなし

表情のある長門がなかなかよかったですよ。
やはり山口は上映館ないみたいですね。
それこそ長門国なのに…

艦船模型の1/350は昔組んだことあるんですが、超ド級戦艦ではサイズがでかすぎますよ。
今ではちょっと、作業スペースも完成後の置き場所も確保できそうにありません。
最近、明治史にはまってるので、その年代の艦船だったらなんとかいけそうですけど。
「吉野」とか「三笠」とか…

2010.02.22 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« ひな祭りのお菓子 いがまんじゅう | ホーム | 新型のカメラを触ってきた EOS kiss X4 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。