九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 御柱祭見てきた 後TOP > その他お出かけ > 御柱祭見てきた 後

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

御柱祭見てきた 後 2010.06.14

テーマ:祭りの写真 - ジャンル:写真 Tag [御柱祭] [長野県] [諏訪大社]
前編の続き。

5月3日の夜は、諏訪大社上社にほどちかい千代田湖にテントを張って野営した。
GW、しかも御柱祭の真っ只中にもかかわらず、利用者はソロのライダーが数組だけという、じつにのんびりとした雰囲気。
相変わらず穴場のようだ。

4日の朝は、06時30分にはテントの撤収を完了し、ふたたび上社本宮へ向かう。
前日と同じ駐車場に車を停めて、上社本宮までは歩いてアプローチした。
本宮北参道の鳥居に到着したのは、07時前くらい。
この日の予定は、前日の「里曳き」によって運ばれてきた御柱を建てる「建御柱」。
御柱祭のフィナーレを飾るイベントだ。

小生が到着した時には、すでに境内に氏子さんたちが集合していて、準備を進めていた。

IMGP0911.jpg
入場規制で部外者は境内には入れないため、鳥居前には大勢のカメラマンが押し寄せて、人垣ができていた。
小生は前から2列目くらいの位置に並び、ここで本宮一之御柱の「建御柱」の開始を待つことに。

しかしこの先が長かった…




上社本宮御柱祭 建御柱

まずは祝詞を奏上したりと、厳粛な雰囲気の神事がしばらく続いた。

その後09時ごろから、御柱の先端を切り落として三角錐の形状に整える、「冠落し」の儀式が始まる。

IMGP0926.jpg
古来より変わらず、鉞(まさかり)と釿(ちょうな) を使い、すべての工程が時間をかけて手作業で進められていく。

切り離された先端部分が運ばれていくところ。
IMGP0929.jpg
このときに出た御柱の木っ端は、お守りとして参拝者たちに配られていた。

「冠落し」の次は、御柱を建てるために必要なワイヤや、縄の取り付け作業が始まった。
IMGP0943.jpg
この段階でだいたい11時30分くらい。
並び始めてすでに4時間半が経過している。

御柱を建てる準備が整ったら、しばらくは記念撮影タイムが続く。
氏子さんたちが、かわるがわる御柱の上に並び、写真を撮っていた。

その後14時ごろより、いよいよ「建御柱」の開始。
大勢の若衆たちを乗せたまま、御柱はワイヤに引っ張られ少しずつ引き立てられていく。
IMGP0958.jpg
ここでも「里曳き」のときと同様、ビューゲル(ラッパ)の演奏にあわせておんべを降るパフォーマンスが行われていた。
御柱祭の最後を飾るに相応しい、非常に華やかな場面だった。
楽器が日本古来のものではなくてビューゲル、しかもメロディが旧陸軍の「速歩行進」と「突撃」というのが気になるところだけど、考えてみれば建御名方神は軍神として信仰を集めていたから、あながち間違ってはいないのかもしれない。


こちらはT10で撮影した動画。
ちなみに小生の立っていた場所のすぐ後ろが通路になっていて、常に大量の人が流れている状態だった。
動画からもその混雑ぶりが伝わるかと思う。

IMGP0978.jpg

IMGP0990.jpg
この角度まで持ち上がってみると、かなりの高さがあるのがわかる。
離れた場所から見ているだけでも結構怖い。

IMGP1009.jpg
1時間ほどかけて御柱は垂直に建てられ、7年に一度の御柱祭は無事に終了した。

この上社本宮では、さいわい「建御柱」はつつがなく終了したけれど、下社春宮では建てている最中にワイヤが切れる事故があったのは周知のことかと思う。
御柱から落下して、結果として2名の方が亡くなられたらしい。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。



この日は、鳥居前に並び始めた07時から、御柱が建て終わる15時までの合計8時間、ほとんど身動きの取れない状態のまま、待ち続けることになった。
8時間もの間、食事はもちろん、トイレにも行けず、腰を下ろすことすらできず、前後左右を人混みに囲まれ、そのままの姿勢でずっとカメラを構え続けるという荒行を、図らずも実践する羽目に。
いやはや自分の身体がこんなにも頑丈にできていた、という事実にまず驚愕してしまう。
ある程度の混雑は覚悟していたものの、この混み具合は完全に予想を上回っていた。
もう一度やれといわれても、絶対にお断りしたいところだ。
とはいっても、御柱祭の一番の見所である「木落し」はまだ見たことないので、次回の2016年にはそちらの見学に行ってみたいと思う。

この日のお土産は「冠落し」の際にいただいた、御柱のカケラ。
IMG_7108.jpg
お守りとして大切に保管しておこう。

ちなみに今回アップした写真は、人からお借りしたtamronの18-200mmで撮影したものがほとんど。
一眼用の交換レンズとしては安物で、描写もそれほどではないけれど、200mmの使い勝手は予想以上だった。
8月にはまた鈴鹿に行く予定だし、このあたりの焦点距離のレンズが一本欲しくなってしまった。
70-200mmのF4Lが安くなってきてるし、うっかりポチってしまいそうで怖いなぁ…

コメント(2) | トラックバック(0) | その他お出かけ | 編集

コメント

やはり激混みでしたか。

なんかラッパといい、黄色が目立ってるところが甲子園球場みたいですね。

鈴鹿では欲を言えば300mmは欲しいところです。
先日、シグマの120-400mmAPOを調達してしまいました。

2010.06.14 | URL | ZUMI #23mCrDLY [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おはようございます。

混雑具合については予想を完全に超えていました。
木落しのほうもきっとすごい人混みなんでしょうけど…

望遠レンズ、120-400とは渋いチョイスですね。
どんな絵が撮れるのか気になるところです。

2010.06.15 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 御柱祭見てきた 補足という名の蛇足 | ホーム | 御柱祭見てきた 前 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。