九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 北海道行ってきた 3日目 9月19日 2TOP > その他お出かけ > 北海道行ってきた 3日目 9月19日 2

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

北海道行ってきた 3日目 9月19日 2 2010.10.07

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行 Tag [] [北海道]
前回の続き。

小平から手塩へ

旧花田家番屋を後にして、さらに北を目指す。

IMG_7897.jpg
国道232号は日本海沿いに走っていて、景色はだいたいこんな感じ。

このあたりから、見覚えのある熊のイラストが描かれた看板が時折目に付くようになった。
例の三毛別のベアーロード、通称羆嵐の看板だ。
やがて国道232号は、東から来る国道239号と合流。
昨年は、ベアーロードを通って三毛別羆事件の跡地を見学したあと、その国道239号の方からこちらへ来たのだっけ。
そう思うと感慨深い。
あの時は酷い雨だったけれど、今日は何とか天候が回復してくれた。

そういえば、前回この道を走ったときにZUMI氏から、廃線が併走していたよ、と教えてもらったのを思い出した。
あのときの小生は、激しい雨の中ビートをまっすぐ走らせるのに精一杯で、周囲を見渡す余裕がなく、廃線にも気がつかなかったようだ。
そこで今回はちょっと注意して走ってみることに。

IMG_7937.jpg
そう思って見てみると、確かに国道232号に併走して、こんな廃線跡がそこかしこに残っているのに気づく。
他にももっと大規模な築堤やトンネルもあったのだけど、うまく車を停められなかったので、まともに写真に収められたのはこれくらい。
調べてみると国鉄羽幌線の廃線跡らしい。
さっき見学した留萌駅から手塩を経由して、幌延までを結んでいたそうだ。
見逃してしまった物件も多いし、この廃線跡もまた次回の課題にしておこう。

遅い昼食を、道の駅富士見で取った。
IMG_7944.jpg
ぶつ切りの蛸がどっさり入った、豪快なたこめしをいただく。
去年の日本一周と違って、多少フトコロ具合に余裕のある旅なので、こういう外食も悪くないだろう。

道の駅から先は、国道232号を逸れて、さらに海岸線よりを走る開拓農道町道浜更岸線へ。
IMG_7954.jpg
ガードレールも標識も何もない道が、地平線に向かってまっすぐ伸びていた。
雲の影が地面に落ちて、まだら模様を描いている。
すぐ左側は日本海。
この開放感はなかなかのもの。
なにより他の道と違って、交通量が皆無なのが素敵だ。

今朝立てた予定通り、15時には何とか鏡沼海浜公園に無事に到着。
昨年、ZUMI氏とバンガローに泊まったあのキャンプ場だ。
今回は天候にも恵まれたので、きちんとテントを設営することができた。

黄昏のサロベツ原野と利尻富士

設営を済ませたあと、ちょっと迷ったけれど、オロロンライン(道道106号)をさらに北上してみることにした。
天気が良いし、うまくいけば利尻富士と日本海に沈む夕日を見られるかもしれない。

DSC04011.jpg
一年ぶりのオトンルイ風力発電所。

IMG_7961.jpg
何度見ても圧巻。
やはりここは青空でなければ。

傾いていく太陽を左手に眺めながら走っていたら、うっかり稚内の手前まで来てしまった。
DSC04017.jpg
オロロンラインもサロベツ原野ストレートの北側は、こんなアップダウンを繰り返す道になる。
これはこれで面白い。

いよいよ太陽が水平線に近づいていく。
このタイミングならば、いっそのことダイヤモンド利尻富士も狙えるかもしれないと思い、ベストポジションを探すべく、来た道を引き返して南下する。

サロベツ原野の真ん中まで戻ったところで、ついに太陽が利尻富士の頂に差し掛かっていった。
IMG_7997-.jpg
思わず息を呑む。
なんという光景。
言葉が出ない。

IMG_8001_20101003131236.jpg
夕日を浴びてススキが揺れる。
まったくの静寂。

IMG_8003.jpg

利尻富士の山頂に重なった太陽は、わずか数秒で山陰に姿を隠してしまった。
本当に一瞬だけの、奇跡といえるような光景だった。
太古の人は、昇る朝日と、沈む夕日に神を感じたというけれど、それが実感として理解できた気がする。
この一瞬だけで、北海道まで足を運んだ価値があったというものだろう。

その後は道道106号を南下しつつ、時折車を停めて景色を眺めていた。
IMG_8013.jpg

IMG_8014_20101003131258.jpg

IMG_8031.jpg
いつのまにか東の空には、月が昇っていた。
いよいよ夜の帳が下りてくる。
気温はみるみるうちに下がり、すぐに身を切るような寒さに。
しん、とした冷え込みは長袖を着ていても厳しいくらいだけれど、不思議と立ち去りがたい気持ちにさせられた。

天塩川まで戻り、背後を振り返る。
DSC04025.jpg
薄暮の空を背景にして、利尻富士と風力発電所が、影絵のように浮かび上がっていた。

ずっとこの景色を見続けていたかったけれど、このままでは風邪を引きそうだったので、あわてて鏡沼海浜公園へ引き返す。
海浜公園のとなりにある、てしお温泉夕映で風呂に入って、すっかり冷えきった体を温めなおした。
そういえば昨年は、ここで温泉に浸かりながら、オロロンラインの天候の回復を待っていたっけ。
何もかもが懐かしい…。

明日はどこにいこうか。
宗谷岬をぐるっと回って、サロマ湖あたりまで進んでみようかな。

IMG_8037_20101003131257.jpg
月とランタンの明かりで、セイコーマートで買ったベルンカステルをいただきつつ。

コメント(0) | トラックバック(0) | その他お出かけ | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 北海道行ってきた 4日目 9月20日 1 | ホーム | 北海道行ってきた 3日目 9月19日 1 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。