九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 北海道行ってきた 4日目 9月20日 1TOP > その他お出かけ > 北海道行ってきた 4日目 9月20日 1

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

北海道行ってきた 4日目 9月20日 1 2010.10.18

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行 Tag [北海道] []
走行距離373km
本日の行程その1
本日の行程その2

0500起床。
薄曇り、ときどき晴れ。

手塩から宗谷岬へ

眼が覚めときには、うっすらと空の色が変わり始める頃合だった。
9月とは思えないような、体の芯まで冷え込むような気候。

IMG_8047.jpg
朝目が覚めてからしばらくは、手塩の街と鏡沼から上る朝日を写真に撮っていた。

昼夜の気温差が激しいため、結露が酷く、雨でも降ったかのようにテントはびしょびしょの状態になってしまっていた。
しばらく乾したいところだったけれど、朝のうちは日が陰り気味のうえ、先を急ぎたかったので、仕方なく濡れたままのテントを収容する。
07時、手塩の鏡沼海浜公園を出発。

昨日の夕方走ったオロロンラインをもう一度北上し、稚内方面を目指す。
やはり何度通っても凄い道だと思う。

IMG_8062.jpg

DSC04032.jpg
洋上に浮かぶ利尻富士の姿が綺麗だったので、写真を。
昨日よりは雲がちょっと多目かな。

今回は、野寒布岬方面へは行かずに、抜海岬のあたりでオロロンラインからはずれ、道道510号へと右折する。
ミルクロードという農道を使って、国道40号へのショートカットを企んだ。

このミルクロードの景色がまた凄い。
丘陵地帯に展開する広大な牧場のただ中を、適度なカーブを繰り返しながら進む道なのだけど、農家の車両以外はほとんど交通量がない。
ツーリングマップルにも小さな注意書きがあるだけだし、きっとライダーや旅人は、そのままオロロンラインを北上して野寒布岬を目指すため、わざわざこちらの道には入り込まないのだろう。
ちょうど本州の広域農道のような、アップダウンと連続するコーナーが楽しい、軽快なワインディングロードだった。
IMG_8073_20101017155922.jpg
丘を登りきったところから背後を振り返ると、牧場のむこうに利尻富士の姿を望むことができた。

DSC04045.jpg
H5の望遠を使って、圧縮効果を狙ってみた。
はるか彼方にあるはずの利尻富士が、大きく写って面白い。
(本当はタムロンの新型望遠レンズを持参したかったのだけど、キヤノンマウントの発売が間に合わなかったorz)

稚内の市街をパスして、国道238号で宗谷岬を目指す。
去年と同じルートで宗谷丘陵を見学していくことに。
去年は雨と霧でほとんど視界も効かない状態だったけれど、今日はちゃんと周囲の状況を把握することができた。

IMG_8086.jpg
去年と同じ位置で撮影。
やはり日が差していると、ぜんぜん印象が違う。

IMG_8084.jpg
この場所からは宗谷海峡を挟んで、彼方に樺太を遠望することができた。
そういえば昔、うちの近所に住んでいたご老人が、終戦直後のロシア軍の侵攻から逃れるため、樺太から宗谷海峡を泳いで逃げ帰ってきた、というような話をしていたのを思い出した。
あの話は本当だったのだろうか…。
今となっては確認するすべはないけれど、吉村昭のルポ小説にもそんな話が載っていたし、もしかしたら貴重な歴史の生き証人だったのかもしれない。

宗谷丘陵から岬に降りていく前に、ちょっと寄り道を。
道道889号を、宗谷岬とは反対方向の南へ進んでみる。

IMG_8099.jpg
この付近は57基もの風車が立ち並ぶ、国内最大規模の風力発電施設らしい。

この道道889号は、この先で行き止まりなので、途中で引き返して、南から宗谷岬方面へ向かって走ってみた。

交通量も少ないし、実に快適。

丘陵地帯は宗谷海峡に向かって急激に落ち込んでいて、このすぐ先が日本最北端の宗谷岬。

IMG_8103.jpg
去年来たときは気づかなかったけれど、宗谷岬を見下ろす公園には、なにやら古めかしい堡塁が残っていた。
一見するとトーチカのような遺構だったが、解説板によると、日露戦争開戦前に海峡を挟んでロシアを監視するために建設された、海軍の望楼らしい。

IMG_8105_20101017155952.jpg
明治35年(1902)完成と、戦争遺跡としては相当古いものだ。
軍艦の艦橋を思わせる重厚な造りの監視堡と、下部の土塁にはトーチカのような開口部があった。
今でこそ長閑な公園になっているけれど、きっと日本海海戦前夜には、この望楼でも血眼になってバルチック艦隊を探していたに違いない。
(実際には東郷平八郎の予想通り、バルチック艦隊は対馬海峡経由でウラジオストックを目指したわけだけど)

公園から坂道を下れば、すぐそこに日本最北端の碑が。
IMG_8115.jpg
昨年訪問したときとは違って、今日は天候も良いし暖かいので、人出は多かったように思う。
(去年は7月なのに、今日よりもずっと寒かった)

前回はスルーしてしまった、宗谷岬にある最北端の給油所で、給油を済ませていく。
IMG_9471.jpg
最北端給油証明書なんてものをもらうことができた。

さてこのあとは、オホーツク海沿いにひたすら南下していく予定。
燃費の最高記録更新なるかどうか。

続く。


コメント(0) | トラックバック(0) | その他お出かけ | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 北海道行ってきた 4日目 9月20日 2 | ホーム | 北海道行ってきた 3日目 9月19日 2 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。