九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 北海道行ってきた 4日目 9月20日 2TOP > その他お出かけ > 北海道行ってきた 4日目 9月20日 2

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

北海道行ってきた 4日目 9月20日 2 2010.11.01

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行 Tag [北海道] []
宗谷岬から猿払・エサヌカ線へ

宗谷岬で給油を済ませたあとは、ひたすら国道238号(宗谷・オホーツク国道)を網走方面に向かって南下していく。
去年はこの道で、燃費の最高値24.76km/Lを記録したので、今回も、できるだけエンジン回転数を一定に維持して、さらなる記録更新に挑戦してみることに。

…結論から言うと、記録更新はならなかったわけだけど。
翌日給油したときに計算してみたら、22.42km/Lだった。
残念。
ちなみに、道東をあちこち走り回った翌22日の燃費は24.00km/Lで、今回の国道238号を上回っていた。
おかしいなぁ…給油のしかたに問題があるのかも。

IMG_8081_20101017155921.jpg
今回の旅では、セイコーマートを使う機会があんまりにも多かったので、途中立ち寄ったセイコーマートでついにクラブ会員に登録してしまった。
ポイントがついたり、会員限定割引があったりしてお得なのだ。
…まあ、北海道でしか使うアテはないし、次に使う機会がいつになるのかわからないけれど。
ちなみに手前部分は切り離せるようになっていて、これだけでミニカードとして使えるという面白い仕組み。

宗谷岬から小一時間ほど進んだ猿払で、国道から左折して住宅街の中へ。
そのまま住宅街を抜けると、すぐにこんな景色が広がっている。

IMG_8129.jpg
去年も走ったエサヌカ線。
ガードレールも何もない、牧草地の只中を突っ切る直線道路が、およそ10kmにわたって続いている。

DSC04058.jpg
地平線の先で、道はそのまま空へ溶けるように消えていた。
なんだかマグリットの絵のような不思議な光景。

エサヌカ線は、流れの良い国道238号が併走している上に入り口がわかりにくいので、これだけの好展望路でありながら、交通量はごく少ない。
たまにツーリング中のライダーが通るくらい。
時折ビートを停めて写真を撮ったりしながら、のんびり走って、もとの国道238号へ合流。

猿払から上湧別へ

国道238号へ戻った後は、左手にオホーツク海を眺めながら、延々と国道を南下し続けた。
本州の道を思えば贅沢なのかも知れないけれど、これだけ走り続けていると正直飽きてしまう。
景色が単調というわけではなくても、5速に入れっぱなしで何時間も走るのは辛いものだ。

気分転換に、雄武の日の出岬に立ち寄ることにした。
IMG_8144.jpg
ガラス張りの立派な展望台があって、すぐ近くにはキャンプ場が整備されている。
このキャンプ場、買出しは大変そうだけど、結構良い環境じゃないかな。

ちょうどここの駐車場で黄ビートを見かけたので、オーナーの方としばらくビート談義で盛り上がってしまった。
オールペンの話とか、タイミングベルトやウォーターポンプの交換期について情報交換を。
この方のビートは、アイドリングが安定しないとおっしゃっていたけれど、ECUかEACVの問題かな。
もともとアルトワークスでラリーに参戦していたという本格的な方で、その方面でも貴重なお話を聞くことができた。

キャンプ場のベンチでコーヒーを淹れて一服してから、行動を再開。
またもとの国道238号へ。

紋別で例のカニのオブジェを再び見学した。
IMG_8146_20101017160028.jpg
何度見てもインパクトがある。

IMG_8152_20101017160027.jpg
去年よりもちょっときれいになった気がしていたけれど、調べてみたら今年修復工事が行われたみたい。
ちなみにこのはさみ、夜にはライトアップも行われているらしい。
夜の闇に浮かび上がる巨大なカニのはさみ、なんていうシュールな光景を一度は見てみたい気がする。

このあたりで日が傾きかけてきたので、あわてて今日の風呂を探すことにする。
野営場所については、サロマ湖のキムアネップ岬と決めていたため、なるべくその近くということで、かみゆうべつ温泉に決定。
ちょうど道の駅内に立ち寄り湯が併設されていたのだけど、それよりも、敷地内に保存されていた旧名寄本線の中湧別駅跡に目を奪われてしまった。

IMG_8177.jpg
道の駅の敷地内だけあって、荒れた雰囲気もなく、きちんと保存されているようだった。

IMG_8180.jpg

IMG_8163_20101017160026.jpg
名寄本線が廃線になったのは1989(平成元)年のことだから、もう20年以上前からここに保存されていることになる。

IMG_8174.jpg

IMG_8165.jpg
構内に保存されていたラッセル車。

IMG_8172.jpg

IMG_8170.jpg
黒光りするレバー類がメカニカルで格好よい。
客車の中には、現役当時に使われていた品がいろいろ展示されていたけれど、事前に申し込みをしなければ見学できないようだった。
ちょっと残念。

上湧別からキムアネップ岬へ

道の駅に併設された風呂から上がると、日はもう沈みかけていた。
風も出てきたし、先を急ぐことに。
DSCN0086.jpg

今日の投宿地は去年と同様、サロマ湖に突き出たキムアネップ岬にあるキャンプ場。
あいかわらずこのキャンプ場はライダーには人気のようで、翌日は平日だというのに、結構な混み具合だった。
(そういえば去年の旅の途中、ここで長旅ライダーたちに自炊した夕飯をたかられたことを思い出した。
あのときは一緒に酒を飲みながら盛り上がったのだけど、彼らは今頃どうしてるかしらん。)
無料で使えるし、設備も整っているキャンプ場なので、とにかく助かる。
緯度が低くなったせいか、昨日の手塩の鏡沼よりはずっと暖かいし。
一方で湖畔という場所柄、周囲に遮蔽物が何もないので、やたらに風がつよいけれど。

フルペグでアーデインをがっちり固定して、横殴りの強風に備えておく。
今回一緒に設営したライダーのなかには、そんな装備で大丈夫か?と不安になるような人もいたけれど、吹き飛ばされないように祈っておこう。

明日はいよいよ当初の予定に立ち返り、道東の多和平へ。

続く。
コメント(0) | トラックバック(0) | その他お出かけ | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 北海道行ってきた 5日目 9月21日 1 | ホーム | 北海道行ってきた 4日目 9月20日 1 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。