九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > つけめん舎一輝@岡崎市TOP > 三河地区 > つけめん舎一輝@岡崎市

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

つけめん舎一輝@岡崎市 2009.03.31

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [三河地区] [まぜそば]
前回食べた限定の和えそばが予想以上の出来だったので、29日の昼に再びこの店を訪れてみることに。
覚悟の上で臨んだ行列は相変わらずで、席に着くまでにやはり45分程度を要した。

限定の提供期限が近づいていることだし、もう一度和えそばを注文しても良かったのだが、小生が食券を買う時分には残念ながらすでに売り切れだった。
迷った挙句、今回は二郎系の「まぜイチロー野菜まし」900円を頼むことにした。
われながら最近二郎系食べすぎだと思う。
一輝まぜ一郎

ちなみに「まぜイチロー」を食べるのは今回で二度目となる。
出された一杯は、あいかわらずのボリュームで、通常よりも多いキャベツともやしが丼を覆っているため、麺がほとんど見えない。
また別皿でチャーシューとメンマが、さらに好みに応じて加えられるように酢が付属する。

上に載っている野菜類をかき分けると、ようやく麺と対面することができるが、あらかじめタレとよく混ぜ合わされているようで、味は均一。
味付けには醤油ダレとニンニク、背脂を使っているそうだが、この中では醤油の味が若干強めで、背脂独特の臭みはそれほどきつくなく、ニンニクも少し遅れてやってくる感じ。
面白いのが特注だという麺で、この手の丼で定番の「もちもち」としたものではなく、「ぽきぽき」と歯ごたえよく噛み切れる独特の食感を味わうことができる。
こんな食感の麺は他に食べたことが無いが、この一杯を非凡ならしめているのは、やはりこの麺の食感によるところが大きいと思う。
麺大盛が無料でできるので、次回は大盛で頼んでみようかな。
ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★


つけめん舎一輝(お店の場所はこちら)
11:30-14:00 18:30-22:30(スープ切れ終了)
月曜定休
コメント(0) | トラックバック(0) | 三河地区 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 玉響高浜店@高浜市 | ホーム | 1/72 散香マークB 製作 完成ギャラリー 3(ネタ画像注意) »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。