九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 玉響高浜店@高浜市TOP > 三河地区 > 玉響高浜店@高浜市

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

玉響高浜店@高浜市 2009.04.03

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ Tag [ラーメン] [三河地区] []
29日の昼はこってりした二郎系だったので、夕食は趣向を変えてあっさり系で知られる玉響(たまゆら)でとることにした。
というかこの日一日でラーメン2杯、数えてみたら3月は9杯食べていた。
少々食べすぎだと思う。
これではまるでラーメンマニアではないか。
少しは自粛しなければ。

玉響は、刈谷の1号店オープン直後から何度も足を運んでいる、小生お気に入りの店のひとつで、竹燻製麺という竹で燻製したチャーシューが載った、香り豊かなラーメンが看板メニュー。
前回の訪店から結構間が空いているので、今回は基本に立ち返って、その竹燻製麺650円を注文してみた。

玉響竹燻製麺7

出されたラーメンは、透き通ったスープと細ちぢれ麺に、竹燻製のチャーシュー、メンマ、きざみネギ、最近ラーメンではあまり見かけなくなったナルトがトッピングされ、さらに紅白のあられが見た目に彩りを加えている。
見た目にも非常に上品な一杯だが、特徴的なのはなんといってもその香りで、竹燻製の芳しい香りが鼻腔をくすぐる。

玉響竹燻製麺8

スープはごくあっさりで、あえてカテゴライズするならば塩ではあるものの、いわゆる塩らしい味付けではなく、旨みがじんわりと染み渡ってくる感じ。
そこにチャーシューから竹燻製の風味が移っていき、味が少しづつ変化していく。
いつもながら、燻製の風味と出汁の旨みが渾然一体となった見事な一杯だと思う。
チャーシューも、燻製だけあって柔らかくはないが、スモーク独特の旨みがあって個人的には気に入っている。

ちなみに普段あまり肉を食べない小生が、チャーシュー増しでラーメンを頼むのは、この玉響と東郷のよなき家くらい。
今回は追加トッピングを頼まなかったものの、この店ではトッピング類はすべて別皿で出されるという仕様だ。
まあ考えてみれば、この竹燻製チャーシューがラーメンに山盛りにトッピングされていたら、あっという間にスープが燻製の香りまみれになってしまうだろう。

ラーメンに限らず食の好みは、喩えるならばラジオのようなもので、発信する側(作り手)と受信する側(客)の周波数が一致しなければ、うまく伝わらないものだと思う。
この竹燻製麺は、自分をふくめてあっさり・和食系が好きな人にはツボにはまるのだけど、濃い目の味が好きな人には物足りなく感じられるかもしれない。
そういう点では客を選ぶ、いわゆる大人向け・通向けな一杯ではある。

まあ自分の中ではすでに定番のラーメンで、食べるとほっとする一杯。
今日もおいしかった、ごちそうさまでした。

お気に入り度★★★★★

玉響高浜店(お店の場所はこちら)
11:00-14:30 17:00-21:00
水曜定休



コメント(2) | トラックバック(0) | 三河地区 | 編集

コメント

お元気ですか?

私は明日、明後日とお休みです。
長い一週間でした。

2009.04.04 | URL | やま4 #rssqF/Tw [ 編集 ]

Re: お元気ですか?

昨日はお疲れ様でした。
また写真もまとめてアップしていきたいと思いますので、いましばらくお待ちください。
まずは中村屋の記事の予定です。

2009.04.06 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 想吃担担面エスカ店@名古屋市中村区 | ホーム | つけめん舎一輝@岡崎市 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。