九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 1日目 4月11日(土)の旅日記TOP > 旅日記1 東海 1-3日目 > 1日目 4月11日(土)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

1日目 4月11日(土)の旅日記 2009.04.14

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離299km
05時に起床。
天候は夏と見まがうばかりの陽気。
途中見かけた道路わきの温度計は28度をさしていた。
4月だというのが信じられない。

その分花粉も大量に飛散しているようで体調も良くない。
慢性的な鼻炎で、ここ数日はまともに眠ることができていないせいか、頭痛やめまいが断続的に襲ってくる。
鼻血も止まらないし。

本日の行程はこちら
CS1Kは、単三電池で公称12時間以上駆動という触れ込みなのに、5時間程度で電池が切れてしまった。
そろそろ電池を買い換えなければならないだろうか。
4本でローテーションしているので、寿命が来るほど使い込んだわけではないと思うのだけど。
当初の予定よりも4日ほど遅れてはしまったものの、なんとか10日中に荷の積み込みを行い、11日07時に家を出発。

土曜日ということで道がすいていたため、一番最初の目的地である愛知県図書館までは、1時間強で着。
ここはよく知っている図書館なので、スルー。
というか開館時間前だし。
借りていた図書5冊を返却ポストへ投函。
IMG_2993.jpg

その後は22号経由で岐阜方面に。
0930岐阜県図書館着。
思っていたよりもずっと綺麗でモダンな建物。
白を基調とした石造りで、どことなく愛知県図書館の建物と共通したものを感じる。
手入れが行き届いていて、居心地のいい空間だった。
敷地内に川が流れていたりと散策にはうってつけで、周辺環境もよい。
IMG_3007.jpg

ついでに廃線になった名鉄揖斐線の黒野駅跡を見学していくことにした。
小生はテツというよりも、むしろ廃線や廃墟が好きな人間なのだが、この駅ばかりは現役時代に訪れてみたかったと思う。
それほどまでに雰囲気がよい駅だ。
乗りいれていた車両が小さかったためか、駅のホームや建物も小柄でミニチュアみたいで微笑ましい(つい数年前まで大正時代に作られた路面電車の車両が現役で走っていた)。
つくづく廃線になってしまったのが惜しまれる。
IMG_3028.jpg

国道365-306経由で三重県津市の三重県立図書館へ。
今日訪れた図書館の中では一番規模が小さく、アットホームな雰囲気。
BDSゲートをはさんで貸出カウンターと返却カウンターが並んでいる様子は、レンタルビデオの店を連想させる。
IMG_3037.jpg


三重県立図書館を出た時点で17時くらい。
日没が近づいているため、予約してあった津市のキャンプ場まで車を走らせるが、ここでトラブル発生。
キャンプ場が不良外国人に占拠されていて、大音量で音楽を流したり、奇声を発したりととても近づける状態ではなかった。
正直かかわりたくないので、予約は取り消して、今夜は車中泊する羽目に。

そうそう、入浴のために一志温泉やすらぎの湯にも立ち寄ったのだけど、ここはなかなかよかった。
ありがちな立ち寄り施設だと思って期待はしていなかったのに、ちゃんとした温泉を使っているようだ。
アルカリ泉なのだろうか、ぬるぬるのお湯。

久しぶりのビートでの車中泊は…最悪だった、とだけ言っておこう。
車中泊というよりも、一日外にいたせいか、花粉症の症状がいつも以上にひどく、疲労困憊していたにもかかわらず、ほとんど眠ることができなかった。
これが毎日続くようだと体力的にもたなくなる予感。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記1 東海 1-3日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 麺の坊ひかり@岐阜県岐阜市 | ホーム | 行ってきます。 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。