九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 11日目 4月21日(火)の旅日記TOP > 旅日記2 関西・山陽 4-14日目 > 11日目 4月21日(火)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

11日目 4月21日(火)の旅日記 2009.04.24

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行
走行距離 18km(自転車)

今日の行程はこちら。

07時起床。
雨。

建築マニア向けのブログになりつつある今日この頃。
ホテルには連泊することにして、今日は一日大阪の街の散策に当てることにした。
出発するときの天候が曇りだったため、交通機関を使うか自転車で行くかで迷ったものの、しばらく雨は大丈夫だろうと判断して自転車を使うことに。
小生のすることだから、大丈夫なわけなんてないのだけれど。
今になって振り返ってみれば、これは完璧な雨フラグだった。

事前にチェックしておいた中之島近辺の建物の見学を。
まずは大阪市中央公会堂。
辰野金吾晩年の作品で国の重文。
壮麗な外観だけでなく、内部も映画か西洋絵画でしか見たことのないような麗しい造形だったのだが、撮影許可が下りなかったのが残念。
IMG_4300.jpg

IMG_4293.jpg

次に訪れたのが日本銀行大阪支店。
ここは事前に申請しなければ見学はできないので、今回見ることができたのは外観のみ。
大阪に来るのがいつになるのか、もっと早い段階でわかっていれば申し込んでおいたのだけど。
IMG_4314.jpg

IMG_4318.jpg

3番目が大阪府立中之島図書館で、ちょうど前述2館に挟まれるような位置に建っている。
IMG_4343.jpg

IMG_4337.jpg
中央棟の階段とドームのみだが、撮影許可がもらえたので、1時間ほどゆっくりと眺めていくことにした。

この建物が図書館として明治からずっと現役で使われているという事実にまず驚く。
撮影中も頻繁に利用者の方が行き来するので結構気を遣う。

中央棟は2、3階部分が吹き抜けになっていて、2階から3階へは中央階段で登り、3階は回廊を通じて各部屋へ連絡する造りになっている。
IMG_4362.jpg

IMG_4427.jpg

IMG_4429.jpg
現在の建物の入り口は1階で、1階からこのフロアに登ってくる階段がこの中央階段の裏手にある。

中央階段を3階の回廊から見下ろす。
IMG_4374.jpg

照明や手すりの造形など細部にいたるまでよく作りこまれている。
IMG_4364.jpg

3階の回廊と吹き抜け部分。
IMG_4381.jpg

そしてこの建物の特徴であるドームと天井ステンドグラス。
IMG_4368.jpg

IMG_4387.jpg

回廊下からドームを見上げる。
IMG_4416.jpg
28mm相当のレンズではこれくらいが精一杯。
この時ばかりは、もっと広角のレンズが欲しいと思った。

図書館として見た場合、中之島図書館は地域資料とビジネス支援、古典籍に特化した図書館となっていて、小生の目に付いたところでは、特許、住宅地図、現行法規総覧などが置いてあった。
確かにこの構造の建築では、建物自体は巨大でも、内部が小部屋に細分化されているため、大規模な書架配置は無理だろう。
一般書籍は後述する中央図書館のほうに収蔵しているそうだ。

撮影を終えて外へ出て見ると…案の定というかなんというか、土砂降り。
こんなことだろうと思ったよ、と達観した言葉を頭の中でつぶやいてみる。
待ってみても止む気配が無いので、カメラを納めたバックパックにだけカバーを掛けて、濡れるのを覚悟で再び自転車で移動。

昼食を天神橋筋の洛二神(らくにじん)で。
節の香りが芳醇な中華そばで、醤油のラーメンとしては小生の中でも屈指の一杯。

雨がひどいので一旦宿に戻り、車を出すことに。
目指したのは大阪府立中央図書館。
蔵書数160本万冊という日本の公共図書館中、最大規模を誇る図書館。
書庫出納の際に書庫内を職員が自転車で移動するという噂は本当なのだろうか。
IMG_4460.jpg

IMG_4463.jpg

実際に足を運んでみると、愛知県図書館と作りが似ているのに気づく。
1階は貸出・返却カウンターと児童室で、2階が雑誌、3、4階が人文系と社会自然科学系に分かれているところや、1階の中央階段が2階までしか連絡していない点までそっくりで思わず笑えてくるくらい。
愛知県が円と曲線を基調とした建物であるのに対し、大阪府が直方体の組み合わせをモチーフにした建物という違いはあるけれど、おそらく設計段階でなんらかのつながりがあったのだと思う。
ただ大阪府の方が規模が大きい上に、対角線対称で書架の配置まで直交しているので、迷う人が多いのではと推測する(事実自分も迷ったし)。

中央図書館から宿に戻る途中、、最寄のオートバックスにてオイル交換を行った。
本当を言うと量販店には任せたくないのだけど、旅先では仕方あるまい。
さすがにノーメンテナンスで乗れるほど頑丈な車でもないので。

本来今日一日休養とデータ整理に当てるつもりだったのに、自転車で走り回ってずぶ濡れになったり、図書館をいくつも見学したり、車の整備をしたりで、結局慌しい一日になってしまった。
仕方ないので、もう一日連泊して、今度こそゆっくりすることに。

でも今日こっそりメイド喫茶に行って、関西弁の猫耳メイドさんに癒されていたのは内緒。
コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記2 関西・山陽 4-14日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 洛二神@大阪府大阪市北区 | ホーム | 大鶴製麺処@大阪府大阪市東淀川区 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。