九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 1/72 散香マークB 製作 5TOP > バンダイ1/72散香 > 1/72 散香マークB 製作 5

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

1/72 散香マークB 製作 5 2009.03.08

Tag [散香] [模型]
コクピット組み立てもいよいよ大詰め。
先にも述べたように、今回キットに付属するフィギュアは一体しか組み立てていない。
そのため、組み立てている2機のうち片方は、パイロットが乗っていない状態になる。
コクピットの中でもシートまわりは完成後も見えるわけだし、そのまま組み立てたのではさびしいので、ベルトを追加してディティールアップを図ってみた。
とはいっても、市販のエッチングパーツなどを使うとお金もかかるので、たまたま手元にあった紙を切って貼っただけの簡単お手軽なもの。
1/48以上のスケールだとさすがにアラが見えて厳しいかもしれないが、1/72なら個人的には十分だと思う。
DSC02462.jpg
今回試した作り方は以下のとおり。
まず適当な紙にそれらしい色を塗り、裏側に両面テープを貼る(この段階では裏側の剥離紙は剥がさない)。
次に、ベルトに適した幅になるように、両面テープごと紙を切る。
紙の先端部分をバックルぽくみえるように、デザインナイフで切って形を整える。
バックルやガイドなどの金属パーツ部分を、シルバーで筆塗りして再現。
最後に両面テープの剥離紙を剥がし、シートに貼り付けて完成。

さて次回からはいよいよボディ外部の組み立てになる。
広い面積を塗装することになるので、この段階であらかじめ塗料を調合しておいた。
以前にも指摘したように、説明書の調合指示はやたら複雑な上にアテにならないので、作中の画像と見比べながらイチから自分で調合している。
IMG_8236.jpg
塗装作業を始めてしまうと、ただでさえ狭い机の上がますますカオスな状態に…

機体上面の色はRLM系の黒に近いグレー、下面は明灰白色をベースにホワイトを加えている。
機体の基本色と迷彩色は、この2点にブラックとホワイトを加えて調整した。
こうやってテストピースを作った段階では、うまく再現できたと思ったのだが、この後、実際に模型に吹き付けてみると、微妙に印象が異なってしまった。
やはり難しいものだ。

IMG_8240_20091215201238.jpg


コメント(0) | トラックバック(0) | バンダイ1/72散香 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 1/72 散香マークB 製作 6 | ホーム | 1/72 散香マークB 製作 4 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。