九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 22日目 5月2日(土)の旅日記TOP > 旅日記4 山陽 21-22日目 > 22日目 5月2日(土)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

22日目 5月2日(土)の旅日記 2009.05.05

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離191km
本日の行程はこちら(下関でバッテリ切れ)

05時起床。
曇り。

秋吉台は若干高地なので、朝夕は冷え込む。
テントの内側が結露して濡れてしまったので、午前中秋芳洞を見学する間、そのまま干しておくことに。
それにしてもここのツーリングライダーたちは朝が早い。
ほとんどの人が07時くらいには出発していってしまった。

そういえば、その中にスノーピークのペンタを使っている人がいて、昨夜少しお話をしたのだけど、なんと彼はテントを使わず、ペンタとシュラフだけで旅を続けているとのことだった。
ペンタというのは小型のタープ、つまり日よけのようなもので、ペラペラの生地一枚をポールと張り綱を使って展開するだけのシンプルなツール。
しかしペンタは張った姿が美しく、ディープなファンが多いとは聞いていた。
どうやら彼もその一人のようで、最近冷え込むし大丈夫ですか、と聞いたところ、寒いのは我慢すればいいから、というなんとも豪胆な返事をいただいた。
キャンプツーリストにはツールにこだわりを持つ人が多いけれど、中でもペンタ使いは独特の美意識を持っているようだ。
そのあたり、ビート乗りにも通じるものがあるかもしれない。 昨日通ったカルストロードを少し戻って秋芳洞へ。
ここへくるのは何年ぶりだろうか。
昔親に連れられて来たのをかすかに覚えている程度だから、20年近くは経っているはず。
08時30分の開場と同時に入ったにもかかわらず、GWのせいかかなりの込み具合だった。
IMG_5556.jpg

実は小生は夜目が効かず、薄暗いところではあまりよくものが見えない。
秋芳洞でも照明が暗めで鍾乳石もよく形がわからなかったのだが、今回はサブ機のsonyH5が小生の目の代わりに大活躍してくれた。
三脚使用ではやはりフルタイムライブビューが便利だ(コンデジだから当たり前だが)。
実際肉眼ではよく見えなかったところまで綺麗に写すことが出来た。
単三2本で駆動できるし、3インチ液晶は高品位だし、1台で36mmから432mm相当まで使えるし、手ぶれ補正は強力だし、でお気に入りのカメラ。
一眼を持っていても、これを手放す気にはなれない。
DSC03083.jpg

DSC03042.jpg

DSC03044.jpg

DSC03051.jpg

DSC03058.jpg

DSC03066.jpg

DSC03081.jpg

秋芳洞を出る頃には本格的に混雑し始めていたので、早々に退散。
キャンプ場に戻りすっかり乾いたテントを回収して、山口県立図書館を目指す。

山口県立図書館は、建物自体はそれほど新しいものではなさそうだが、なかなか面白い構造だった。
IMG_5583.jpg
建物の中央部分が吹き抜けになっていて、2階部分の書架は建物の外周に沿って配置。
珍しいのは1階から2階までが緩やかなスロープでつながれていて、バリアフリーになっている点だろう。
まあ実用性云々ならばエレベータを増やしたほうが合理的だとは思うけど。
書架を見てみると、近代文学の配列が少し変わっていて、913.6はラベルに分類が記されておらず、著者記号だけで配架されていた。
また海外文学は国によって分類せずに、93から99をすべて一緒にして、やはり著者名順に並べていた。

県立図書館近辺には見所が多いようなので、自転車を出して少しだけ散策を。
まずは旧県庁舎と議事堂を見学。
いずれも大正5年に建設された建物で、国の重文だそうだ。
旧県庁舎。
IMG_5660.jpg

IMG_5605.jpg

県会議事堂。
IMG_5616.jpg

IMG_5640.jpg

続いて少し北にある、瑠璃光寺の五重塔へ。
日本三名塔に列せられる美しい塔。
IMG_5706.jpg

IMG_5671.jpg

s-IMG_5689.jpg
桧皮葺きの屋根と軒の反りが特徴的で、スマートな造形だった。
よく女性的だと評されることの多い塔だが、それも納得。
また塔自体だけでなく、周辺環境もよく整っていて、休日午後の散策にはうってつけ。
この塔で日本三名塔はコンプリート(4月18日の法隆寺五重塔、4月19日の醍醐寺五重塔)。
しかし当麻寺と室生寺には行けなかったし、国宝塔のコンプはまだまだ先になりそう。

少し遠くなるが今日中に九州まで足を伸ばすことにした。
しかしGW中ということで、主要幹線道路はどこも渋滞。
特に下関から門司の交通は完全に麻痺状態で、海峡大橋もトンネルもまともに流れていない様子だった。
仕方ないので彦島から小倉へ、関門海峡フェリーを使って移動することに。
軽自動車1台で550円。
出港時間もちょうどよいタイミングだったし、観光客がいなくてスムーズに乗れたのでよかったと思う。
海上を移動中。
DSC04778.jpg

北九州市の菖蒲池公園キャンプ場には18時過ぎに到着。
受付が遅くまでやっているので助かった。
利用は無料だしありがたい。
GWで家族連れが多いため、喧騒の中での幕営。

旅日記5 九州 23-32日目 へ続く

コメント(0) | トラックバック(0) | 旅日記4 山陽 21-22日目 | 編集

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 中華そば吟@山口県山口市 | ホーム | 21日目 5月1日(金)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。