九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 23日目 5月3日(日)の旅日記 TOP > 旅日記5 九州 23-32日目 > 23日目 5月3日(日)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

23日目 5月3日(日)の旅日記 2009.05.06

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
走行距離111km
本日の行程はこちら

05時起床。
曇り。

雨が降りそうな天候だったため、車は一日クローズド状態。
移動続きで体力的にきつくなってきたため、今日一日休養に当てようと思っていたのに、ついふらふらと周辺の探索に出かけてしまった。
もともと下調べをしておいた北九州市立国際友好記念図書館の周辺は、門司港レトロとして整備されているらしく、レンガ造りの近代建築がいくつも立ち並んでいた。
そして気づけば一日洋館三昧で、くたくたになるまで歩き続ける羽目に。

まずはたまたま目に付いた、若松の旧古河鉱業若松ビルを見学。
土地の角に建てられた円形の塔が特徴的。
IMG_5715.jpg
近年補強工事を行った際に、内部にもかなり手が加えられたそうで、綺麗な状態だった。

ビートで門司港へ移動し、初めに見たのが、北九州市立国際友好記念図書館。
この図書館は大連市との有効都市締結15周年を記念して設立されたもので、建物は大連市にある帝政ロシア時代の建築のレプリカ。
IMG_5794.jpg

IMG_5761.jpg
築15年の割りに古ぼけた感じだったので、ウェザリングが施されているのかもしれない。

内部の撮影許可を得ることが出来たので、書架の部分も含めて写真を何枚か。
書架や床材も黒色の木材で作られていて雰囲気がある。
IMG_5786.jpg
出窓の部分に閲覧席を配置。
s-IMG_5787.jpg

IMG_5784.jpg
1階はレストランになっている。
s-IMG_5774.jpg

こういう図書館は実に小生好み。
というかむしろ住みたいくらいだ。
蔵書構成は、やはり中国に関する書籍を重点的に収集している模様。
ちなみにカードは作ることが出来なかった。

記念図書館のすぐ向かいにあるのが、旧門司税関庁舎。
レンガ造りの大きな建物だが、内部は吹き抜けになっていて意外に開放感があった。
IMG_5797.jpg

IMG_5801.jpg

そこから数百メートルほど歩いたところにあるのが、旧門司三井倶楽部と旧大阪商船ビル。
三井倶楽部はかつてアインシュタインが宿泊したことがあるそうで、その当時の部屋が再現されていた。
また裏手には和建築が接続していて、六華苑や旧川上貞奴邸と同じような造りになっている。
IMG_5812.jpg

IMG_5855.jpg

大阪商船ビルはオレンジ色のレンガを使った、鮮やかな建物。
内部はイベントで使用中のため、見学できず。
IMG_5912.jpg

IMG_5922.jpg

JR九州の門司港駅へ。
駅舎は大正3年に完成したもので、国の重文指定を受けている。
現役の駅として使われているため、人がたくさん。
IMG_5903.jpg

s-IMG_5900.jpg

ちょうど海王丸が門司港に寄港していた。
そのイベントもあってすごい人出。
IMG_5941.jpg

ビートは門司に置いたまま、関門汽船に乗って下関側へ移動。
昨日渋滞がひどくて見学できなかった建物を見ていく。

一つ目は旧秋田商会ビルで大正4年竣工。
外観は洋風の近代建築なのに、二階から上は内部が和室、さらには屋上に日本庭園と離れの茶室まであるという珍物件。
屋上に日本庭園の木が見える。
IMG_6083.jpg

IMG_5970.jpg
1階は普通の洋風の事務所。
s-IMG_6038.jpg

2階から上は和室になっている。
漆喰で塗り固められた壁と洋式窓の内側に、板張りの廊下と障子、畳があるという面白い組み合わせ。
IMG_6011.jpg

もう一件は下関南部町郵便局で、秋田商会ビルのすぐ隣。
こちらは明治33年の建築。
IMG_6048.jpg
郵便局として現役で使用されている建物だが、一部がカフェになっていたのでお茶をいただいていくことにした。
中庭のオープンテラスで休憩。
s-IMG_6069.jpg

秋田商会ビルと南部町郵便局は並んで建っている。
このアングルからだと、秋田商会ビルの屋上の茶室の屋根が見える。
IMG_5965.jpg

本当はもう一件、旧英国領事館を見学したかったのだが、改装工事中のため断念。

周辺の渋滞は昨日よりもさらにひどい状態で、車でこなくて正解だったと思う。
帰りの関門汽船も乗船待ちでかなり待つ羽目になった。
やはりGWはどこも人で一杯のようだ。
本来一日休むつもりが、あちこち歩き回って疲労困憊してしまった。
テントに戻る途中、ネットカフェに立ち寄ってデータの整理を行う。

明日は福岡市街でラーメンを食す予定。


コメント(2) | トラックバック(0) | 旅日記5 九州 23-32日目 | 編集

コメント

こんばんは
今日やっと博多に行けました!
詳しくは旅か日記で更新してると思います。

いちよう今回でひとまず山口県は終了ということですね。
山口県はどうだったでしょうか?
あまり新しい物が無く最近の若い人たち向けのビルや店もなく観光名所はすべて昔頼りの
「昔はすごくよかったんです」オーラMAXの山口県ですが九曜さんなら逆にこっちの方がいいのかな?と思いました。
古い建築物がお好きなようなのでw
自分も昔の建築物は好きですね。
下関の古い建築物は全部回っているのですが一番好きなのは秋田商会ビル!
屋上に日本庭園がある時点で私の心臓を鷲掴みにしておりますw

門司港レトロは意外と綺麗に纏めてあるのですがたぶん国道3号か2号ですけどその一本中の道(山側)は昭和初期、中期の木造建築が残っております。
生活している人も案外いて生活臭がしてかなりGOOD!(`・ω・´) シャキーン
写真にはうってつけです。

それでは(`・ω・´)ノシ

2009.05.06 | URL | 元禄V8 #wLMIWoss [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは。
山口県は帰りに今度は山陰側のルートで通る予定です。
長門と萩はそのとき訪れてみようかと思っています。
長門はもう、名前だけでこみ上げてくるものがありますね。
有希ですよ?
八八艦隊の一番艦ですよ?
また萩は知人がお勧めしてしてましたし。

古い建物はやはり好きですが、長旅なのでなかなか十分な下調べが出来ておりません。
秋田商会ビルは面白いですね。
普通この手の建物は、洋館に接続する形で和館を作るものだとおもうんですが、そこを無理やり洋館の中に押し込めてしまったという、力技な処理が興味深かったです。
また、おっしゃる木造建築の界隈も少し見てみたかった気もします。

今後も旅の途中で面白いものを見つけたらアップしていく予定ですので、またよろしくお願いします。

2009.05.09 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« 24日目 5月4日(月)の旅日記 | ホーム | 中華そば吟@山口県山口市 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。