九曜博物誌ビートで日本一周してきました。

九曜玄猫
TOP > スポンサー広告 > 27日目 5月7日(木)の旅日記TOP > 旅日記5 九州 23-32日目 > 27日目 5月7日(木)の旅日記

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | 編集

27日目 5月7日(木)の旅日記 2009.05.10

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行 Tag [旅日記]
※05月10日再編集
写真を追加。

走行距離276km
本日の行程はこちら

05時起床。
晴れ。
中瀬草原キャンプ場は海に面している上に、周囲に遮蔽物がないために、昨夜はかなりの風が吹いていた。
その風も朝には大方おさまり、のんびりとテントを乾かしながらの撤収作業。

07時30分には出発。
国道204号を南下し、途中から県道18号へはいる。
そのまま海岸線沿いにそって南下すると、30分ほどで日本本土最西端である神崎鼻へ到達。
昨日の宮ノ浦のように、なにも見るものがなかったらどうしようかと心配をしていたのだが、こちらの神埼鼻はしっかり整備されていて、立派なモニュメントも建っていた。
IMG_6479.jpg

IMG_6463.jpg
ただこのモニュメント、「日本本土最西端の地」と銘が刻まれている面が海側を向いていて、そちら側を撮影しようとするには足場の悪い岩場まで降りていかねばならず、なかなか怖い。
こんなところで怪我をして動けなくなったら洒落にならない。
それにしてもよく整備された公園で、ここでキャンプをしたら快適だろうなと思った。
IMG_6473.jpg

きれいな芝生だし海はよく見えるし、最西端だし、きっと思い出に残ることだろう。
そういえば最南端の潮岬望楼の丘も非常に快適なキャンプ場だった。
その後は県道11号経由でさらに進路を南へ。
佐世保市は船の町らしく、巨大なドックが軒を並べていた。
ただ道が渋滞し始めたので、市街地はスルーして一区間だけ高速道路を走る。
ETC割引で50円。
こんなに安くていいんだろうか。
渋滞回避のために高速を使う身としては、料金は高くても走っている車が少ないほうが好ましいと思う。
もともと肉や脂っこい食べ物は得意ではないので、佐世保バーガーには未練はない。

高速から国道202号にはいり、西海市へ。
西彼杵半島はツーリングマップルのお勧めに従い、広域農道と県道を使う。
広域農道はストレートと高速コーナーが続く、よく整備された道。
地元の軽トラが恐ろしいスピードですっ飛んでいく。
あんな重心の高い車で横転しないだろうかと、見ているほうが心配になってくるような走り方だった。
たとえ横転しなくても遠心力で運転姿勢を維持するのが大変そう。
一方の県道は山間を九十九折れの道が続く狭路。
しかしところどころで眺めがよくて、時折、棚田と水平線が木々の間から垣間見えた。

11時過ぎには長崎市に到着。
昼食はかんしゃく魂で。
途中で味の変化が楽しめる豚骨ラーメン。

長崎市はところどころで道が狭く、坂があったり、路面電車が走っていたりで、散策には面白そうな街。
IMG_6482.jpg
ただ明らかに車で移動するには向いていない。
そういえば以前たか氏から、道が狭いので注意するように忠告されていたのを思い出す。
でも時すでに遅く、完全に市街地に入り込んでしまった後だった。
苦労しながらもなんとか長崎県立図書館に到達。
しかしあろうことか、今日は昨日までの祝日の振り替え休館日とのこと。
s-IMG_6491.jpg

一気に脱力してしまう。
仕方ないので建物の写真だけを撮って、いそいそと図書館を後にする。
車を停める場所もないので長居するわけにはいかない。
あまりゆっくりもできないし、残念だが長崎県立図書館はこれだけにしておくことに。

今日は雲仙の安価なキャンプ場に宿泊する予定だったので、電話で連絡をしてみると、なんと今期の開設時期は昨日までで終了したとのこと。
手持ちの情報では10日までは開設しているはずだったのに…。
まあこの手の運のなさは小生らしいか。

手前の小浜温泉で、波の湯に入湯することにして雲仙温泉はスルー。
波の湯は露天風呂だけの小さな共同浴場で、なんとなく伊豆の黒根岩風呂に雰囲気が似ていた。
IMG_6495.jpg
まあ波の湯は混浴ではなく男女別だったが。
ナトリウム塩化物泉で海水のような匂い。

結局今日は島原まで出て、道の駅みずなし本陣ふかえで車内泊する羽目に。
道の駅はよく整備されていたが、情報室が17時で閉室とは予想外。
ここでデータの整理を行うつもりだったのに…。

ちなみにこの土地は雲仙普賢岳の噴火の際に土石流に飲み込まれた地域。
道の駅の一角に、土石流に埋まった家屋が被災当時のままの状態で保存展示してあった。
どの家も一階部分はほぼ完全に埋まっている状態で、つまり噴火前は自分が今立っている地面よりも一階分は低い土地だったということになる。
それが一瞬でこの高さまで土砂が流れ込んできたのだから、実に恐ろしい。
左右に走っている高架が国道57号線。
手前に見えるのが、保存されている、土砂に埋まった家屋の一つ。
IMG_6503.jpg

車内泊は、今回の旅で初日に続いて二回目。
花粉症が治まっている分前回よりはましだが、それでもできれば今後は避けたいと思う。
ほとんど身動きが取れないほど狭い車内なので、運転中と同じ姿勢のまま、毛布代わりにシュラフを掛けて眠る。
エコノミークラス症候群が心配だ。
しかも幌に隙間があるので、薮蚊が入り込んできて大変だった。

明日はフェリー経由で熊本へ出る予定。
今日は予想外の出来事が多かった一日だったが、明日こそはスムーズに進むことを願いたい。
コメント(2) | トラックバック(0) | 旅日記5 九州 23-32日目 | 編集

コメント

こんばんはー
本土最西端。すごいですねぇ・・・( ゚д゚)ポカーン
山口県は本州最西端ですが最西端って感じがしないのが山口ですw
海が青いですねぇ(・∀・)イイ!!
九州にもなると海が青いのは当然のようになってきましたね。
九州もあと少しで縦断。。。
頑張ってください!!

2009.05.10 | URL | 元禄V8 #wLMIWoss [ 編集 ]

Re: タイトルなし

いつもコメントありがとうございます。

ビジネスホテルのLANにつなげたので、写真をアップし直しました。

山口の毘沙鼻には帰路に立ち寄るつもりです。
和歌山もそうでしたが、やはり南国の海は青さがちがいますね。
沖縄はもっとすごいようなので今から楽しみです。

2009.05.11 | URL | 九曜玄猫 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
« かんしゃく魂@長崎県長崎市 | ホーム | 26日目 5月6日(水)の旅日記 »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。